笑顔と感動に出会う旅

2016年気象現象


 黄帝内経による気候気象現象

 2016年 丙(ひのえ) 申(さる)  水運太過  五運中心 相克 不和の気が流行
  2016(平成28)年  月の満ち掛け
  旧暦    新月 ●      上弦      満月 ○     下弦
  1月      2月 8日     2月15日      2月23日      3月 2日
  2月      3月 9日     3月16日      3月23日      4月 1日
  3月      4月 7日     4月14日      4月22日      4月30日
  4月      5月 7日     5月14日      5月22日      5月29日
  5月      6月 5日     6月12日      6月20日      6月28日
  6月      7月 4日     7月12日      7月20日      7月27日
  7月      8月 3日     8月11日      8月18日      8月25日
  8月      9月 1日     9月 9日      9月17日      9月23日
  9月     10月 1日    10月 9日     10月16日     10月23日
 10月     10月31日    11月 8日     11月14日     11月21日
 11月     12月 1日    12月 7日     12月14日     12月21日
 12月     12月29日 平成29年1月 6日      1月12日      1月20日


 2016(平成28)年 春 夏 秋 冬 季節の変化がわかります

                        
 新暦  1月、2月、3月   4月、5月、6月   7月、8月、9月  10月、11月、12月
 旧暦  2/8〜5/6  5/7〜8/2  8/3〜10/30 10/31〜28年1/27







 客主加臨:六節季(主気)ごとに、年毎に異なる六気の性質を持つ気象状態が加わって気象に変化が生じるとする考え方
  司天/在泉    主気(正常な流れ)      客主加臨          交司時刻
   少陽相火      厥陰風木     初気   少陰君火    大寒日から春分日まで(1/20〜3/21)
   少陽相火      少陰君火     二気   太陰湿土  春分日から小満日まで(3/21〜5/21)
   少陽相火      少陽相火     三気   少陽相火  小満日から大暑日まで(5/21〜7/23)
   厥陰風木      太陰湿土     四気   陽明燥金  大暑日から秋分日まで(7/23〜9/23)
   厥陰風木      陽明燥金     五気   太陽寒水  秋分日から小雪日まで(9/23〜11/23)
   厥陰風木      太陽寒水     六気   厥陰風木  小雪日から大寒日まで(11/23〜1/21)


2016年の流れ:上半年は、少陽相火の影響で、心臓(狭心症&心筋梗塞など)小腸に影響する。また下半期は、厥陰風木の影響で、腎や脾(消化器官)・膀胱や排泄に関係する部分に注意



  2016年の流れ              2016年気象と身体の変調
  初気    少陰君火   気温の上昇が早く、春の到来を告げる 目や頭痛&皮膚に注意
  二気    太陰湿土   雨の日が多い  身体のだるさや身熱に注意
  三気    少陽相火   暑い日が多く少雨に注意  水分補給と室内の温度管理に注意
  四気    陽明燥金   風や雨の集中する日がある 気象情報と体調変化に注意
  五気    太陽寒水   秋冷えを早く感じる 寒さ対策と冷え性対策を早くする
  六気    厥陰風木   昨年と違い寒さを感じる日が多い 心痛や咳そして温度変化に注意



                         富山の気象概況(富山地方気象台発表資料)
  1月  気温は平年より高く、中旬〜下旬雨や雪の日が多く日照時間も平年より少なかった。富山市猪谷の総降雪量は平年の半分以下
  2月
上旬は、晴れた日が多かった。中旬〜下旬は、雨や雪の日が多かった。 月平均温度は平年より高く、月降水量は平年より多かった
月間日照時間は平年よりかなり多くなりました。 うめの開花22日昨年より22日早い、平年より8日早い
  3月
上旬〜中旬は、高気圧と低気圧が交互に通過し 短い周期で変わり気圧の谷や冬型の気圧配置となり曇りや雨・雪が降った日もあった
下旬は晴れた日が多くなった。 月平均気温はかなり高く、月降水量は平年より少なく、月間日照時間は平年より多くなった。
  4月
気温は平年よりかなり高く、降水量も平年より多かった 月間日照時間は、砺波・南砺市地域は多かったが他の地域は、平年並み
7日・17日荒れた日になり17日は、暴風となった。 16日熊本地震M7.3 被害が出た
  5月
3〜4日にかけて強い風が吹き大荒れの天気、その後低気圧と高気圧が交互に通過し周期的に天気が変わった。中旬と下旬に前線や気圧の谷の影響で、曇りや雨の降った日もあった。月平均気温は平年よりかなり高くなり、月間日照時間は、平年より多く 月降水量はかなり少なかった。
  6月
上旬は、高気圧に覆われて晴れた日が多かった。中旬は数日の周期で変わった。上旬・中旬の気温は平年より高くなった。下旬は梅雨前線や低気圧の影響で、曇りや雨の日が多かった、気温は平年並み。月平均温度は平年に比べ高く、月間日照時間はかなり多くなった 月降水量は平年並み 北陸地方は13日ごろ梅雨入り
  7月
上旬〜中旬は、気圧の谷や梅雨前線の影響で曇りや雨の日が多かった。19日ごろ北陸地方梅雨明け
26日〜27日にかけて寒気の影響で、富山市・上市・滑川地域に大雨 月平均温度は、平年に比べ高く、月降水量は平年並みか少なくなった 月間日照時間は平年並み
  8月
高気圧に覆われて晴れた日が多くありましたが、期間の終わりは、気圧の谷や台風9号・10号の影響で曇りや雨の日が多くなりました。
上旬は初めと終わりに寒気や台風の影響で、曇りで大雨となった。中旬は、気圧に谷や台風の影響で曇りや雨となった日もあった。
下旬は、台風や前線及び湿った空気の影響で曇りや雨の日が多くなった。台風の影響で北海道地方や東北地方で災害が起きた
  9月
上旬は高気圧に覆われて晴れた日が多く、気温は平年比べて高くなり、日照時間も多くなりましたが、中旬〜下旬は、低気圧と秋雨前線と台風の影響により曇りや雨の日が多くなり、降水量はかなり多くなり、日照時間はかなり少なくなった(平年の7割〜8割)
気温は平年に比べ高くなりました。
 10月
上旬は、前線や台風18号の影響で曇りや雨の日が多くなりました。 中旬は天気は周期的となり晴れた日も多くなりました。 下旬は、低気圧と高気圧が交互に通過して、天気は短い周期で変わり大雨となった日もありました。 月平均温度は平年よりかなり高く、月降水量は平年より少なく、月間日照時間はかなり少なくなりました。 10月21日鳥取県中部地震M6.6
 11月
上旬は、移動性高気圧に覆われて晴れた日が多く、南砺市高宮や八尾の地点では、平年より日照時間が多かった。中旬〜下旬は、気圧の谷や低気圧・冬型の気圧配置の影響で曇りや雨の日が多かった。 月平均温度は平年より低かった 月降水量は平年より少ない 月間日照時間は平年並みか多くなった。 立山初冠雪11月2日(昨年より21日遅い)初霜11月18日(昨年より14日早い)
11月22日福島県沖 M7.4
 12月
上旬は、高気圧に覆われて晴れた日もあり 平均温度も平年より高くなった。 中旬から冬型の気圧配置や気圧の谷・前線の影響で曇りや雨の日が多くなりました。下旬は、寒気の影響が弱く、気温が高くなった。 月間日照時間は平年並みか多くなった。 月平均気温は富山と南砺市高宮ではかなり高くなった他は、平年並み。 月降水量は氷見で平年に比べ少なく、他は平年並み。
初雪12月10日(昨年より13日遅く、平年12月2日) 初氷12月12日(昨年より10日遅い、平年11月27日)


平成28年暖候期予報 (2016年2月24日新潟地方気象台発表)
夏の天候の見通し:北陸地方6月〜8月
今年は、チベット高気圧が弱い為、偏西風は平年より南を流れるまた太平洋高気圧は日本の南で強く、北への張り出しが弱い その影響で暖かく湿った空気が太平洋高気圧の縁を回って日本へ流れ込やすい天気になる
6月・7月は前線や気圧の谷で曇りや雨の日が多いでしょう その後は、南から暖かく湿った空気の影響を受けやすく晴れの日が少ないでしょう
夏の気温は高く、降水量は平年並みか多いでしょう 梅雨の時期の降水量は、平年並みか多いでしょう
<参考>
新潟 6月 晴れた日数14日  降水日  10日
    7月 晴れた日数13日  降水日  12日
    8月 晴れた日数20日  降水日   9日
北陸地方の梅雨入り 最早 1956年5月22日頃   最晩 1987年6月28日頃
       梅雨明け 最早 2001年7月 2日頃   最晩 1991年8月14日頃

9月1日新潟地方気象台から2016年6月〜8月の天候経過と梅雨のまとめを発表
6月上旬は高気圧に覆われて晴れた日が多かったが中旬から7月中旬にかけて梅雨前線が停滞したため曇りや雨の日が多かった7月下旬以降は日本海の高気圧や太平洋高気圧に覆われ晴れた日が多かった中旬の後半には、気圧の谷や湿った空気などの影響で大気の状態が不安定となり大雨となった 22日台風9号が千葉県に上陸した影響で北海道地方で大雨また29日台風10号が岩手県に上陸その影響で湿った空気と寒気を伴った気圧の谷の影響で豪雨となり東北地方や北海道で災害が起きた
北陸地方の梅雨入りは6月13日ごろ。梅雨明けは7月19日 当初発表日7月22日だったが3日早く19日に変更
降水量は平年並み


平成28年寒候期予報 (2016年9月23日新潟地方気象台発表)
冬の天候の見通し:北陸地方12月〜2月
日本上空の偏西風は、日本の東で南に蛇行する影響で、シベリア高気圧は平年より南東側で強まりやすく、兵庫・山陰地方や西日本などに大陸から寒気が流れるやすい見込み、北日本(北海道・東北)は気圧の谷となる影響で北陸地方は、曇りや雪または、雨の日が多い 気温・降水量・降雪量はともにほぼ平年並み


2016年北陸地方の天候・・・・・12月21日新潟地方気象台発表
冬 寒気の影響は弱く6年ぶりの暖冬
 2015年12月〜2016年2月は、寒気の影響が弱く 冬型の気圧配置は長続きせず 各月とも高温・少雪
 3月〜5月記録的な高温と少雨・多照
(3月〜5月)3月下旬や5月中旬を中心に高気圧に覆われて晴れた日が多かった。寒気の影響が弱く、南から暖かい空気が流れ込み1946年以降最も高温となった。
夏 6月〜8月高温・多照
6月中旬から7月中旬にかけては、梅雨前線が本州付近に停滞したため、曇りや雨の日が多かった7月中旬から8月にかけては晴れた日が多くなったが、7月下旬は気圧の谷の影響で雨となった、8月下旬高気圧の張り出しが弱く台風の影響で、曇りや雨となった
秋 9月〜11月 9月は気圧の谷や前線の影響でかなり少ない日照
9月は秋雨前線や気圧の谷の影響で曇りや雨の日が多かった。10月以降の天気は短い周期で変化することが多かった。11月は、一時的に冬型の気圧配置となり寒暖の変動が大きかった
12月
低気圧の通過や冬型の気圧配置の影響で曇りや雨また雪の日が多くなりましたが、寒気の影響は弱く、降水量がかなり少なく、月平均温度は平年より高くなった


1月24日奄美大島で115年ぶりに降雪・沖縄本島で観測史上初めて雪を観測
4月14日熊本地震前震・16日熊本地震本震
8月30日台風10号東北地方・岩手県に上陸(北海道・岩手に記録的な大雨)
台風7号・11号・9号が相次いで北海道上陸
10月8日阿蘇山が爆発的噴火
11月24日関東地方54年ぶり初雪を観測
12月22日強い南風が吹き、新潟県糸魚川大規模火災