笑顔と感動に出会う旅

2017年気象現象


 黄帝内経による気候気象現象

 2017年 丁(ひのと) 酉(とり)  木運不及  六気中心 相克 克己の気が流行 天刑
  2017(平成29)年  月の満ち掛け
  旧暦    新月 ●      上弦      満月 ○     下弦
  1月      1月28日     2月 4日      2月11日      2月19日
  2月      2月26日     3月 5日      3月12日      3月21日
  3月      3月28日     4月 4日      4月11日      4月19日
  4月      4月26日     5月 3日      5月11日      5月19日
  5月      5月26日     6月 1日      6月 9日      6月17日
 閏5月      6月24日     7月 1日      7月 9日      7月17日
  6月      7月23日     7月31日      8月 8日      8月15日
  7月      8月22日     8月29日      9月 6日      9月13日
  8月      9月20日     9月28日     10月 6日     10月12日
  9月     10月20日    10月28日     11月 4日     11月11日
 10月     11月18日    11月27日     12月 4日     12月10日
 11月     12月18日    12月26日 平成30年1月 2日      1月 9日
 12月      1月17日     1月25日      1月31日      2月 8日


 2017(平成29)年 春 夏 秋 冬 季節の変化がわかります

                        
 新暦  1月、2月、3月   4月、5月、6月   7月、8月、9月  10月、11月、12月
 旧暦  1/28〜4/25  4/26〜8/21  8/22〜11/17 11/18〜30年2/15







 客主加臨:六節季(主気)ごとに、年毎に異なる六気の性質を持つ気象状態が加わって気象に変化が生じるとする考え方
  司天/在泉    主気(正常な流れ)      客主加臨          交司時刻
  陽明操金        厥陰風木     初気   太陰湿土    大寒日から春分日まで(1/20〜3/21)
  陽明燥金        少陰君火     二気   少陽相火  春分日から小満日まで(3/21〜5/21)
  陽明燥金       少陽相火     三気   陽明燥金  小満日から大暑日まで(5/21〜7/23)
  少陰君火      太陰湿土     四気   太陽寒水  大暑日から秋分日まで(7/23〜9/23)
  少陰君火       陽明燥金     五気   厥陰風木  秋分日から小雪日まで(9/23〜11/23)
  少陰君火       太陽寒水     六気   少陰君火  小雪日から大寒日まで(11/23〜1/21)


2017年の流れ:上半年は、また下半期は、

今年は一年通じて寒暖差が激しく、いつもより変化の激しい年・今年前半は気温低め・長引く梅雨・暑い夏そして残暑・秋雨・暖かい冬 自律神経の乱れ・内臓(胃腸)が悪くなったり、大変ストレスをためやすい年

  2017年の流れ              2017年気象と身体の変調を占う
  初気  太陰湿土/陽明燥金  気温は低く・冷たい雨や雪が降り春の訪れが遅い
  二気  少陽相火/陽明燥金  非常に暑い気候・草木の成長が良い 
  三気  陽明燥火/陽明燥金 乾燥と湿度のある気候と涼しく感じる日もある寒梅雨&長引く梅雨
  四気  太陽寒水/少陰君火 暑い夏と厳しい残暑が続く
  五気  厥陰風木/少陰君火 秋なのに春のような気候となり草木はよく成長する  
  六気  少陰君火/少陰君火 冬なのに暖かい日が多い・水が凍らない



                         富山の気象概況(富山地方気象台発表資料)
  1月
上旬は高気圧に覆われて晴れた日もありましたが、冬型の気圧配置や気圧の谷・前線の影響で曇りや雨・雪の日が多くなりました。
特に13日〜16日・23日〜25日冬型の気圧配置が強まり大雪となった。月平均温度は平年に比べて高く 月降水量は平年並みか少なかった。 月日照時間は平年に比べ多かった。
  2月
冬型の気圧配置や気圧の谷・前線の影響で、曇りや雪の日が多かった。上旬後半〜中旬前半にかけて冬型の気圧配置が強かった
下旬からは、冬型の気圧配置は長続きせず、天気は周期的に変化した。 月平均気温平年並み 月降水量平年並みか多くなった
月日照時間平年並み、砺波・南砺市地域は平年より少なった。 2月21日「北陸地方に春一番」
  3月
上旬・中旬は、低気圧や冬型の気圧配置の影響で雨や雪の降った日が続いたが、晴れた日も多かった。
下旬は、低気圧と高気圧が交互に通過し、天気が周期的に変わりました。3月は日照時間が多く、降水量は少なかった 気温は平年並み
しだれやなぎ発芽3月22日昨年より7日遅い
  4月
上旬・中旬は低気圧と高気圧が交互に通過し、天気は数日の周期で変わった 気温は平年に比べ高く・降水量は多くなった。
下旬は高気圧に覆われ晴れた日が多くなった、気温は平年に比べ高く、日照時間も平年に比べ多くなった。16日・25日は真夏日
6日南風・17日〜18日にかけて南南東の風が強く吹いた。月平均温度は、平年に比べ高くなった 月降水量は平年に比べ少なくなった
月間日照時間は平年並みか平年に比べ多くなった。
  5月
上旬は高気圧に覆われて晴れた日が多かった。中旬に低気圧や前線の影響で、曇りや雨の日があった。下旬は高気圧に覆われて晴れた日が多かった。 25日〜26日低気圧や気圧の谷の影響で雨が降った。気温は平年より高く、日照時間は多くなり、降水量は少なかった
20日・21日富山・八尾・氷見・伏木30度以上の真夏日なり、30日富山市33.3度 5月観測史上1番の暑さになった。
  6月
上旬は数日の周期で変わり、気温はかなり低くなり、降水量は平年より多く、日照時間は平年より少なかった。中旬〜下旬は高気圧に覆われ晴れた日が多かった。中旬も気温は平年よりかなり低かった。 下旬は平年並みの気温 降水量は平年より少なかった。日照時間は、平年よりかなり多くなりました。 6月21日梅雨入り
  7月
上旬は、梅雨前線の影響で雨の日が多くなり、大雨となったが7日〜10日は、高気圧に覆われて晴れた日が多かった。中旬は晴れた日が多かったが梅雨前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日もあった。上旬・中旬の気温は平年に比べてかなり高く、日照時間も平年に比べてかなり多かった降水量は上旬は平年より多かったが中旬は平年より少なかった下旬は梅雨前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多く25日、大雨となっり降水量は平年に比べてかなり多くなった 気温は平年並み日照時間は平年より少なかった。7月5〜6日九州北部豪雨(福岡県・大分県)月平均温度平年より高くなり、月降水量はかなり多くなり月間日照時間は平年に比べ多かった
  8月
2日梅雨明け(平年より9日遅い 昨年より14日遅い)となったが、湿った空気の影響で曇りの日が多く、8日台風5号の影響で大雨となった。中旬は、湿った空気の影響で曇りや雨の日が多かった。下旬は、前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多かった 8月猛暑日(最高温度35度以上)2日 23日間降雨平年より5.5日多い)降水量が平年2倍 日照時間は平年の8割
8月上旬から中旬を中心にオホーツク海高気圧による北東からの冷たく湿った気流の影響を受け北・東日本太平洋側では、曇りや雨の日が多い不順な天候となった
  9月
低気圧と高気圧が交互に通過して天気は 数日の周期で変わり、晴れた日が多くなった。5〜7日は前線や低気圧の影響で大雨や17日〜18日台風第18号の影響で大雨となった。下旬は高気圧に覆われ晴れた日が多くありました。月日照時間は、かなり多くなり、月平均温度は平年より低くなり 降水量は平年並みの天候となった。月平均気温平年に比べて低くなった 月降水量は平年並みか少なくなった 月間日照時間は平年に比べて多くなりました
 10月
上旬は低気圧と高気圧が交互に通り、天気は数日の周期で変わった。中旬は、秋雨前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多かった
21日から23日にかけて、台風21号や前線の影響で、大雨や暴風となった「五箇山23日11時40分から24時間降水量242.5mm最大風速10月22日富山市北北東20m/s 最大瞬間風速10月22日富山市北北東32.2m/s・朝日町北北東31.4m/s」
その後、台風22号や冬型の気圧配置の影響で雨の日が多かった。月平均気温は、平年並み・月降水量は、かなり多くなった・月間日照時間は、平年よりかなり少なくなった。立山の初冠雪17日・23日富士山の初冠雪・26日白山の初冠雪 30日東京&近畿木枯らし1号
 11月
上旬は低気圧からのびる前線と高気圧が交互に通り天気は周期的に変わった気温平年並み・降水量は少なく日照時間はかなり多くなった中旬は、前線や冬型の気圧配置での影響で曇りや雨の日が多かった気温はかなり低くなり降水量は平年より多かった日照時間は少ない
下旬は、前線や冬型の気圧配置の影響で雨や曇りの日が多くなった気温は平年より低く、降水量&日照時間平年並み
月平均温度は平年に比べ低く、月降水量は平年に比べ多くなった 月間日照時間は平年に比べ多くなりました。
19日富山で初雪(平年より13日早く・昨年より21日早い)21日富山市で初霜 22日富山市で初氷
 12月
上旬は、冬型の気圧配置や低気圧の影響で曇りや雨または雪の日が多くなりました気温は平年に比べ低くなり、降水量は多くなり日照時間は平年並みになりました。 中旬・下旬も冬型の気圧配置の日が続き雪または、雨の日が多くなりました。気温は平年に比べてかなり低くなりました。降水量は平年に比べ多くなり、日照時間は平年に比べ少なくなりました。
6日富山市初積雪

2017年の平均気温は1月、4月は高く、5月、7月はかなり平均温度が高くなったが、6月はかなり低い平均温度となった。9月・11月・12月の平均温度は低かった。日照時間の多い月は、1月・3月・5月・6月・9月・11月 (5月・6月・9月はかなり多かった) 少ない月は、8月・10月・12月(10月がかなり少ない日照時間の月だった。)


平成29年暖候期予報 (2017年2月24日新潟地方気象台発表)
夏の天候の見通し:北陸地方6月〜8月
夏の気温は高い見込み。6月〜7月平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。降水量はほぼ平年並み
偏西風が大陸から日本付近で平年より北を流れる見込みで、日本付近は暖かい空気に覆われやすいまた太平洋高気圧の北への張り出し強く、気温が高くなるでしょうまた熱帯の海面水温は平年より高く、インドシナ半島からフィリピン付近で積乱雲の発生が多い

平成29年寒候期予報 (2017年9月25日新潟地方気象台発表)
冬の天気の見通し:北陸地方10月〜2月
この冬の天気は、平年と同様に曇りや雪または、雨の日が多いでしょう。
気温・降水量・降雪量ともほぼ平年並みでしょう


平成29年(2017年)冬(12月〜2月)の天候経過・・3月1日新潟気象台発表
寒気の影響は弱く、冬型の気圧配置は長続きしなかったので暖冬・少雪
12月冬型の気圧配置は長続きせず、高温・多照・少雪
 1月強い冬型の気圧配置は一時的 高温・多照・少雪
 2月強い寒気の南下は一時的 少雪 10日〜12日にかけて西日本を中心に寒気が流れ込んだ影響で、福井県を中心に大雪となり、小浜で81センチの積雪となった。
気温は平年より高く、降雪量は平年より少なかった。降水量・日照時間は平年並み

平成29年(2017年)今春(3月〜5月)の天気経過・・・・6月1日新潟気象台発表
天気は数日の周期で変化したが、高気圧に覆われて晴れの日が多い時期であった。
気温は4月高く、5月はかなり高くなり3ヵ月平均気温は高かった。日照時間は、3月は多く、5月はかなり多くなった3ヵ月合計の日照時間はかなり多かった。 
降水量は、3月、5月はかなり少なく、3ヵ月合計の降水量はかなり少なかった。

平成29年(2017年)夏(6月〜8月)の天気経過・・・・9月1日新潟気象台発表
高気圧に覆われて晴れた日も多かったが、気圧の谷や活発な梅雨前線の影響で大雨となった日もあった
気温は、3か月平均気温は平年並み、3か月合計の降水量はかなり多かった3か月の日照時間は多かった
6月:梅雨前線は太平洋高気圧の勢力が弱く本州の南海上に停滞する事が多く かなりの低温・少雨・かなりの多照
7月:梅雨前線が日本海に停滞し大雨となった時期もあった 暖かく湿った空気入りかなり高温&かなり多雨
8月:上旬の台風5号の通過や前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多く、大雨となった日もあった

平成29年(2017年)秋(9月〜11月)の天気経過・・・・12月1日新潟気象台発表
気温は、9月と11月は低く、10月も平年並みで、3か月平均温度は低かった。降水量は、10月はかなり多くなり3か月合計の降水量は多かった。日照時間は、10月はかなり少なかったが3か月合計の日照時間は平年並み
9月は移動性高気圧に覆われた日が多く晴れた日が多かった
10月は、22日〜23日かけて台風第21号の影響により、大雨や大荒れの天気となった
11月の上旬は移動性高気圧に覆われ晴れた日が多かったが、中旬以降は、気圧の谷や寒気の影響で曇りや雨または雪の日が多かった。特に中旬の後半は、、大陸から強い寒気が流れ込んだため、平野部でも雪が降り、山沿いや山間部では、積雪となった。このため北陸地方の各地で平年よりも5日から13日早い初雪となった。


参考文献:富山地方気象台 新潟地方気象台 気象庁