笑顔と感動に出会う旅

2018年気象現象


 黄帝内経による気候気象現象

 2018年 天干「じっかん」:戊(ぼ・つちのえ)   地支:戌(いぬ) 火運太過 六気中心 相克  天刑 斉化平気
  2018(平成30)年  月の満ち掛け
  旧暦    新月 ●      上弦      満月 ○     下弦
  1月      2月16日     2月 23日      3月 2日      3月 9日
  2月      3月17日     3月 25日      3月31日      4月 8日
  3月      4月16日     4月 23日      4月30日      5月 8日
  4月      5月15日     5月 22日      5月29日      6月 7日
  5月      6月14日     6月 20日      6月28日      7月 6日
  6月      7月13日     7月 20日      7月28日      8月 5日
  7月      8月11日     8月 18日      8月26日      9月 3日
  8月      9月10日     9月 17日      9月25日     10月 2日
  9月     10月 9日    10月 17日     10月 25日     11月 1日
 10月     11月 8日    11月 15日     11月 23日     11月 30日
 11月     12月 7日    12月 15日     12月 23日     12月 29日
 12月      1月 6日     1月14日      1月21日      1月 28日


 2018(平成30)年 春 夏 秋 冬 季節の変化がわかります

                        
 新暦  1月、2月、3月   4月、5月、6月   7月、8月、9月  10月、11月、12月
 旧暦  2/16〜5/14  5/15〜8/10  8/11〜11/7 11/8〜31年2/4







 客主加臨:六節季(主気)ごとに、年毎に異なる六気の性質を持つ気象状態が加わって気象に変化が生じるとする考え方
  司天/在泉    主気(正常な流れ)      客主加臨          交司時刻
  太陽寒水       厥陰風木     初気   少陽相火   大寒日から春分日まで(1/20〜3/21)
  太陽寒水       少陰君火     二気   陽明燥金  春分日から小満日まで(3/21〜5/21)
  太陽寒水      少陽相火     三気   太陽寒水  小満日から大暑日まで(5/21〜7/23)
  太陰湿土      太陰湿土     四気   厥陰風木  大暑日から秋分日まで(7/23〜9/23)
  太陰湿土      陽明燥金     五気   少陰君火  秋分日から小雪日まで(9/23〜11/23)
  太陰湿土      太陽寒水     六気   太陰湿土  小雪日から大寒日まで(11/23〜1/21)


2018年の流れ:上半年は、また下半期は、

今年は春の訪れが早く、気温が非常に高く草花の花が早く咲く、梅雨入り前後、寒さが戻り温度変化が大きい。梅雨明け時期も遅く夏になると猛暑日が多く時々台風の影響で雨や風が吹く、秋は、暖かい日が多いが寒さの訪れは早い


  2018年の流れ              2018年気象と身体の変調を占う
  初気  少陽相火/太陽寒水  晴れた日が多く・気温の高い日が続く
  二気  陽明燥火/太陽寒水  暖かい日があったり寒い日があったりと温度変化がある
  三気  太陽寒水/太陽寒水 梅雨になって、寒い日が続く
  四気  厥陰風木/太陰湿土 暑い日が続くが時々台風の影響による雨や風が吹く
  五気  少陰君火/太陰湿土  暖かい日が多い
  六気  太陰湿土/太陰湿土 寒気が入り雨・雪の日が続く



                         富山の気象概況(富山地方気象台発表資料)
  1月
10日〜14日にかけて、北陸地方強い寒気が入り 冬型の気圧配置が強まって氷見69p・高岡伏木87p富山60p 砺波58pと大雪となり、氷見線・城端線運休・高速道路が通行止め、23日から26日ごろ強い冬型の気圧配置となり山間部を中心に大雪となった。朝日40p・魚津39p・高岡伏木54p・富山57p・砺波48pまた各地で低温が続き氷見なので水道管の凍結被害が発生した
月平均温度平年に比べて低くなり、月降水量平年並みか平年に比べ多くなり、月間日照時間平年に比べて少なかった。
  2月
4日〜8日かけて強い寒気が入り、冬型の気圧配置となり大雪となった鉄道の運休・遅延・高速道路の通行止 最深積雪朝日95p(6日6時)富山75p(7日5時)氷見81p(6時20時)伏木96p(6日22時)砺波99p(6日24日)福井147p(7日15時)武生111p(7日22時)大野169p(7日17時)今庄122p(8日20時)この期間の積雪深差(日降雪量)日合計5日伏木45p6日氷見38p福井54p武生47p大野45p 中旬〜下旬低気圧や寒気の影響で曇りや雪または、雨となった
14日北陸地方で、「春一番」月平均気温平年に比べて低く 月降水量平年並み 月間日照時間平年に比べて多かった。
  3月
上旬:低気圧や冬型の気圧配置の影響で、曇りや雨の日が多くなった。中旬:高気圧と気圧の谷が交互に通過したため天気は、数日の周期で変わった。21日〜23日低気圧の影響で雨となったがその後高気圧に覆われて晴れた日が多くなった。3月の月平均気温は、平年よりかなり高く、月間日照時間も平年に比べてかなり多かった。月降水量は、平年並か平年より多くなった。梅の開花7日・すいせんの開花13日・ひばりの初鳴15日・さくらの開花27日満開30日
  4月
上旬は低気圧や冬型の気圧配置の影響で、曇りや雨の日が多くなった。中旬は低気圧と高気圧が交互に通り天気は、数日の周期で変わった下旬は24日・25日低気圧や前線の影響で雨となったが、はじめと終わりは高気圧に覆われて晴れました。月平均気温は平年より高くなり、月降水量は、平年並か多くなった。月間日照時間平年並み。 5日チュウリップの開花・16日やまぶきの開花・22日やまつつじの開花
  5月
上旬は低気圧や寒気の影響で曇りや雨の日が多くなり、気温は平年に比べ低くなり降水量はかなり多くなった。中旬は低気圧と高気圧が交互に通り天気は数日の周期で変わった気温は平年に比べかなり高くなり降水量は平年より多くなった 下旬は高気圧に覆われて晴れた日や低気圧や気圧の谷の影響で曇りや雨の日もあった気温は平年に比べて高く降水量は平年に比べ多くなりました。月平均気温 平年に比べ高くなり、月降水量平年に比べて多くなりました。月間日照時間平年に比べ少なくなりました。
  6月
上旬は、5日ごろまで高気圧に覆われて晴れたがその後前線の影響で曇りや雨が降った。気温は平年より高く降水量は、少なかった中旬は、本州南岸に停する前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多くなり、気温も平年より低くなった21日〜26日まで高気圧に覆われて晴れた日が多くなり気温は平年よりかなり高くなり、日照時間も平年に比べかなり多くなりました。月平均気温平年に比べ高くなり、月降水量は、平年に比べて少なかった月間日照時間は、平年に比べ多くなりました。北陸地方6月10日梅雨入り
  7月
3日から8日にかけて台風第7号や梅雨前線の影響で記録的な大雨広島・岡山・愛媛、岐阜などに大雨災害 「平成30年7月豪雨」 岐阜県郡上市ひるがので、1058ミリの雨 7月9日梅雨明け平年より15日早く、昨年より24日早い。13日から31日まで、高気圧に覆われて晴れた日が続いた気温は平年よりかなり高く、日照時間もかなり多くなりました。富山市平均気温28.1℃平年より3,2℃高い・砺波市・南砺市高宮27,1度 富山市で、最高気温35度以上猛暑日9日、30度以上真夏日26日、最低気温25度以上9日富山市月間日照時間288,7時(平年147,1時)月平均気温・月間日照時間は、平年に比べかなり高くまた多かった月降水量は、平年並み
熱中症・命に関わる気温・猛暑列島
  8月
1日〜5日まで高気圧に覆われて晴れたが6日ごろから前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多かった15日〜16日日本海の停滞前線上に低気圧が発生し前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んで大気が不安定となり雷雨や大雨となり高山線・城端線運休止18日〜23日まで、真夏日・猛暑日24日台風第20号通過28日〜31日停滞前線の影響で曇りや雨の日が多くなり31日大雨となった
月平均気温は平年よりかなり高く月降水量は平年より多かった 月間日照時間は、平年並み
8月の富山市真夏日25日間そのうち猛暑日13日 最低気温(25℃以上・熱帯夜)11日間
  9月
上旬は本州付近に停滞した前線や台風第21号の影響で曇りや雨の日が多くなり大雨となりました4日は台風第21号の影響で人的被害や建物等被害及び鉄道の運休や航空機の欠航などの交通被害 中旬も前線や気圧の谷の影響で曇りや雨の日が多く、15日は、大雨となった。下旬前線や気圧の谷の影響で曇りや雨の日が多くなった30日台風24号和歌山県に上陸し、本州縦断コースとなり停電・倒木などによる鉄道の運休があった。月平均気温は、一部の地域で低かったが平年並み・月降水量はかなり多かった、月間日照時間は、かなり少なくなりました。 6日AM3:08 北海道胆振地方中東地震M6.7 26日富士山初冠雪平年より14日早く昨年より27日早い
 10月
上旬は、台風第24号や台風25号から変わった低気圧の影響で曇りや雨の日もありました。11日・12日・17日・19日・20日は上空の寒気や気圧の谷の影響で、曇りや雨の日が多くなりました。23日ごろから31日まで、気圧の谷や寒気の影響で曇りや雨の日が多くなりました
月平均気温平年並みか高くなり 月降水量平年並みか少なくなった 月間日照時間平年に比べ少なくなりました  21日立山の初冠雪 
 11月
上旬から中旬にかけて気圧の谷や湿った空気の影響で晴れた日が少なくなり 曇りや雨の日が多くなった。下旬ごろから日中晴れ夕方ごろから雨が降ったり、朝晩雨が降り日中は晴れたり曇ったりする不安定な天気が多くなった。月平均温度 平年に比べ高くなりました 月降水量は、平年に比べかなり少ない 月間日照時間は、平年に比べかなり多くなった 1日白山初冠雪 30日富山市でひょう
 12月
上旬は、低気圧や冬型の気圧配置の影響で曇りや雨の日が多くなりました。中旬は、低気圧や冬型の気圧配置の影響で曇りや雨または、雪の日が多くなりました。下旬は、高気圧や低気圧または、気圧の谷の影響で天気は周期的に変わり、27日夜から29日まで強い冬型の気圧配置の影響で雪となった。月平均気温平年並み 月降水量平年に比べ多かった 月間日照時間平年並みか平年に比べ少なくなりました。2日初霜 8日初雪 10日初氷


平成30年暖候期予報 (2018年2月23日新潟地方気象台発表)
夏の天候の見通し:北陸地方6月〜8月
6月〜7月は、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょうその後は、平年に比べて晴れの日が多いでしょう

平成30年寒候期予報 (2018年9月25日新潟地方気象台発表)
冬の天気の見通し:北陸地方12月〜2月
北からの寒気や冬型の気圧配置の影響を受けにくく、気温は平年並みか高いでしょう このため平年に比べ曇りや雪または雨の日が少なく降水量・降雪量とも平年並み平年より少ない見込みです偏西風は大陸では、平年より南を流れる日本付近では、北に蛇行するため北からの寒気の流れ込みが弱いまたアリューシャン低気圧が、平年よりやや強いので、北日本は寒気が流れ込む見込み。


平成30年(2018年)冬(12月〜2月)の天候経過・・3月1日新潟気象台発表
3年ぶりの寒冬、冬型の気圧配置となることが多く低温・多雪 今冬は、西高東低の冬型の気圧配置が強まり強い寒気に覆われることが多く気温が低い状態が続き大雪となった。
12月冬型の気圧配置が多く低温・多雨 1月冬型の気圧配置が多く低温・多雨・多雪 2月冬型の気圧配置が多く低温・多雪 気温12月・1月・2月ともに低かった 降水量は、かなり多かった日照時間は、12月1月ともに少なく2月は多かった降雪量1月・2月はとても多かった。福井で、最深積雪7日147pに達して1981年以来37年ぶりに140pを超える記録的な大雪となった。2月14日春一番が吹いた


平成30年(2018年)今春(3月〜5月)の天気経過・・・・6月1日新潟気象台発表
偏西風が日本の北を流れる時期が多く寒気の南下が弱かったことや日本の東や南で高気圧が強く南から暖かい空気や湿った空気が流れ込みやすかった。気温は、3月・4月はかなり高く 3ヶ月平均気温はかなり高かった 降水量は4月はかなり多く 3ヶ月合計の降水量は、かなり多かった 日照時間は3月はかなり多く 5月は少なかった3ヶ月合計の日照時間は多かった。

平成30年(2018年)夏(6月〜8月)の天気経過・・・・9月3日新潟気象台発表
北陸地方の今夏(6月〜8月)の特徴  「かなりの高温・かなりの多照」
月別の天気経過
6月は数日の周期で変化した。高温・少雨・多照
7月は中旬のはじめまでは、梅雨前線などの影響により雨の日が多かったが、その後は太平洋高気圧の勢力が強く晴れて厳しい暑さの日が続いた。かなりの高温・かなりの多照
8月数日の周期で変化した高温
平年より早く梅雨け(7月9日ごろ)して盛夏となり太平洋高気圧とチベット高気圧の張り出しがとても強く晴れて厳しい暑さの日が続いた。1946年の統計開始以来7月としては、月平均気温が最も高く、月間日照時間が最も多かった。 気温は6月と8月は高く、7月は、かなり高かった 3ヵ月平均気温はかなり高かった 降水量は6月は少なく、8月はかなり多かった3ヵ月合計の降水量は平年並み 日照時間は6月は多く、7月はかなり多かった。3ヶ月日照時間はかなり多かった。
北陸地方における6月〜8月の最高気温:新潟39.9℃(8月23日) 富山39.5℃(8月22日)
7月の最高気温30℃以上(真夏日) 富山26日 福井28日 35℃以上(猛暑日)富山9日 福井12日
最低気温(25度以上) 金沢19日 福井16日 敦賀21日
8月の最高気温30℃以上 富山25日 金沢26日 福井28日 敦賀27日 35℃以上 富山13日 福井12日
最低気温25℃以上 金沢16日 福井15日 敦賀16日
7月平均気温 敦賀28.8℃(平年差3℃) 福井28.7℃(平年差3.1℃) 富山28.1℃(平年差3.2℃)
日照時間6月〜8月 富山670.7H(平年比135%) 金沢696.7H(平年比131%)福井684H(平年比137%)
8月降水量 輪島448mm(平年比288%) 富山316mm(平年比188%) 新潟278mm(平年比198%)


平成30年(2018年)秋(9月〜11月)の天気経過・・・・・12月3日新潟気象台発表
北陸地方の秋(9月〜11月)の特徴  多雨・寡照
9月は、秋雨前線が停滞しやすく、曇りや雨の日が多かった 日本の南で、高気圧が強く湿った空気が流れ込みやすかった。台風21号や台風24号の影響を受けて大雨となった。9月終わりから10月上旬にかけて台風24号と台風25号が相次いで、日本付近に接近した。台風による暖かい空気の流入とフェーン現象の影響で、6日新潟三条で、最高温度36℃・10月として歴代全国1位となった(6日:富山32,8℃・福井31,7℃金沢31,7℃)
10月下旬から11月上旬にかけて寒気の影響で立山・白山で、初冠雪を観測された。その後気圧の谷や冬型の気圧配置の影響で曇りや雨の日が多かった。寒気の影響は小さかった。
気温・10月、11月は高く 3ヵ月平均気温は平年並み
降水量・9月はかなり多く、11月はかなり少なかった 3ヵ月合計の降水量は多かった
日照時間・9月はかなり少なくく、11月はかなり多かった 3ヵ月合計の日照時間は少なかった。


参考文献:富山地方気象台 新潟地方気象台 気象庁 内経気象学入門(緑書房) 旧暦と暮らす(ビジネス社) 日本の七十二候を楽しむ(東邦出版)