笑顔と感動に出会う旅

2019年気象現象


 黄帝内経による気候気象現象

 2019年 天干「じっかん」:己(き・つちのと)   地支:亥(い) 土運不及 相克・六気中心 天刑
  2019(平成31)年  月の満ち掛け
  旧暦    新月 ●      上弦      満月 ○     下弦
  1月      2月 5日     2月 13日      2月20日      2月 26日
  2月      3月 7日     3月 14日      3月21日      3月 28日
  3月      4月 5日     4月 13日      4月19日      4月 27日
  4月      5月 5日     5月 12日      5月19日      5月 27日
  5月      6月 3日     6月 10日      6月17日      6月 25日
  6月      7月 3日     7月 9日      7月17日      7月 25日
  7月      8月 1日     8月 8日      8月15日      8月 23日
  8月      8月30日     9月 6日      9月14日      9月 22日
  9月      9月29日    10月 6日     10月 14日     10月 21日
 10月     10月 28日    11月 4日     11月 12日     11月 20日
 11月     11月 27日    12月 4日     12月 12日     12月 19日
 12月     12月 26日     1月 3日      1月 11日      1月 17日



 2019(平成31)年 春 夏 秋 冬 季節の変化がわかります

                        
 新暦  1月、2月、3月   4月、5月、6月   7月、8月、9月  10月、11月、12月
 旧暦  2/5〜5/4  5/5〜7/31  8/1〜10/27 10/28〜20年1/24







 客主加臨:六節季(主気)ごとに、年毎に異なる六気の性質を持つ気象状態が加わって気象に変化が生じるとする考え方
  司天/在泉    主気(正常な流れ)      客主加臨          交司時刻
  厥陰風木      厥陰風木     初気   陽明燥金   大寒日から春分日まで(1/20〜3/21)
  厥陰風木       少陰君火     二気   太陽寒水  春分日から小満日まで(3/21〜5/21)
  厥陰風木      少陽相火     三気   厥陰風木  小満日から大暑日まで(5/21〜7/23)
  少陽相火      太陰湿土     四気   少陰君火  大暑日から秋分日まで(7/23〜9/23)
  少陽相火      陽明燥金     五気   太陰湿土  秋分日から小雪日まで(9/23〜11/23)
  少陽相火      太陽寒水     六気   少陽相火  小雪日から大寒日まで(11/23〜1/21)



2019年の流れ:上半年は、また下半期は、
春の訪れが遅く、暖房器具を離せない状態の日が多い。気温上昇を伴う暖かい南よりの風がたびたび吹くので、草木は繁茂する。 大暑日ごろから蒸し暑い炎暑の気候が続く。処暑日頃から晴れた日と降雨の日を繰り返す。霜降日以後も暖かい日が多い。農作物の管理が大変な一年になりそうです。また温度差が激しいので、体調管理に注意が必要です。




  2019年の流れ              2019年気象と身体の変調を占う
  初気  陽明燥火/厥陰風木 寒気が続き、春の訪れが遅い
  二気  太陽寒水/厥陰風木 寒気が去らず寒い雨がたびたび降る
  三気  厥陰風木/厥陰風木 気温の上昇するフェーン現象が度々起こる
  四気  少陰君火/少陽相火 蒸し暑い炎暑の気候
  五気  太陰湿土/少陽相火 湿度が高い降雨の日と乾燥した晴れた日繰り返す
  六気  少陽相火/少陽相火 暖かい日が多い



                         富山の気象概況(富山地方気象台発表資料)
  1月
上旬:晴れた日もありましたが、冬型の気圧配置や気圧の谷の影響で曇りや雪または、雨の日が多くなりました。
中旬:11日〜15日高気圧に覆われて晴れましたが、その後気圧の谷や冬型の気圧配置の影響で曇りや雨または雪の日が多くなりました
下旬:低気圧や冬型の気圧配置及び寒気の影響で曇りや雪または雨の日が多くなりました。
月平均気温平年並みか平年に比べ高くなった 月降水量平年並みか平年に比べ少なく富山・伏木・砺波地域はかなり少なかった
月間日照時間平年に比べ多いかかなり多くなりました。
  2月
上旬・中旬は、低気圧や冬型の気圧配置及び寒気の影響で雨や雪または曇りとなった日が多くなりました下旬は高気圧に覆われて晴れや曇りの日が多くなりました。月平均温度平年に比べ高くなりました。月降水量平年に比べ少ないか、かなり少なくなりました。月間日照時間平年並み。4日「春一番」昨年より10日早い。4日「すいせん」の開花 25日「うめ」の開花。
  3月
上旬低気圧や寒気の影響で雨や曇り日もありましたが、高気圧に覆われて晴れた日が多くなりました。12日〜17日まで気圧の谷や寒気の影響で雨や曇り又は雪の日が多くなりましたその後高気圧に覆われて晴れた日が多くなりました。下旬は、低気圧や気圧の谷、寒気の影響で雨や曇りの日が多かった。月平均気温は平年に比べかなり高くなりました 月降水量平年並か平年に比べ少なくなりました。 月間日照時間 平年並 5日うぐいすの初鳴き 8日ひばりの初鳴き 28日さくら(ソメイヨシノ)の開花
  4月
上旬は、気圧の谷や寒気の影響で曇りや雨または雪の日が多くなりました。中旬は、高気圧に覆われて晴れた日が多くなりました。下旬は、低気圧や気圧の谷、寒気の影響で、曇りや雨の日が多くなりました。月平均気温は、平年に比べ低くなりました。月降水量平年並みか平年に比べ多くなりました。月間日照時間平年並みか、平年に比べ少なくなりました。 5日さくら(ソメイヨシノ)満開 12日チュウリップの開花 16日ヤマブキの開花
  5月
上旬・中旬・下旬は、高気圧に覆われて晴れた日が多くなりました。また暖かい空気に覆われやすく気温は高い日が続いたかなりの高温、少雨、月間日照時間は、5月として1946年の統計開始以来、最も多い記録的な多照 月平均気温は富山市18,9℃観測史上2位平年に比べてかなり高くなりました。月降水量は、平年に比べて少なくなりました。25日〜27日 5月としては、史上初めて3日連続の真夏日となった。富山市32,3℃(26日)、北海道佐呂間町39,5℃(26日)
  6月
上旬:高気圧に覆われて晴れた日が多かったが、6日ごろから低気圧や気圧の谷の影響で曇りや雨の日が多くなりました。中旬:低気圧や気圧の谷の影響で曇りや雨の日が多くなりました。27日ごろから梅雨前線や気圧の谷、寒気の影響で曇りや雨の日が、多くなりました。
月平均気温は、平年並み、月降水量 平年に比べ多いか、かなり多くなりました。月間日照時間平年並みか平年に比べ多くなりました。
7日北陸地方梅雨入り(昨年より2日早く、平年より5日早い) 26日九州北部、四国、中国、近畿梅雨入り 29日沖縄梅雨明け
  7月
上旬:梅雨前線や上空の寒気、湿った空気の影響で曇りや雨の日多くなった 中旬:梅雨前線や気圧の谷の影響で曇りや雨の日が多くなりました。下旬:23日ごろ寒気を伴った気圧の谷や湿った空気の影響で大雨になった所もありましたその後は、高気圧に覆われて晴れた日が多くなりましたが上空の寒気湿った空気の影響で午後から雨の降った日が多かった。月平均気温 平年並み 月降水量平年並平年に比べて少なくなりました。月間日照時間 平年並み 平年に比べ少なくなりました 北陸地方7月24日梅雨明け(平年と同じ昨年より15日遅い 29日関東甲信梅雨明け 関東甲信を中心に記録的な日照不足
  8月
上旬:高気圧に覆われて晴れた日が、多くありましたが、4日〜7日大気の状態が不安定となり非常に激しい雨の降った日もあった中旬:14日〜15日台風10号の影響で日本海側で、フェーン現象となり14日:上越市40,3℃・富山市34,7℃ 15日:新潟県胎内市40,7℃富山空港37,2℃ 富山市36,6℃ 下旬:前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多くなり29日〜30日秋雨前線の影響で大雨となった 27日午後6時〜30日午後4までの総降水量 朝日町212,5mm 宇奈月193mm 氷見市176mm 高岡市153mm 月平均気温は、平年に比べ高くなりました。月降水量平年並か平年に比べ多くなりました。月間日照時間平年に比べ多くなりました。 28日佐賀・福岡・長崎の3県大雨特警報
  9月
上旬:前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多くなりました。台風15号の影響でフェーン現象なり8日新潟中条38℃・砺波33.6℃ 9日富山市34.6℃になった。中旬:低気圧と高気圧が交互に通過し天気は、数日の周期で変わりました。下旬:気圧の谷と高気圧が交互に通過し天気は、数日の周期で変わりました。22日から台風17号の影響で23日富山市32.6℃また停滞前線の影響で29日富山市30.2℃ 月平均気温は、平年に比べ高くなった 月降水量平年に比べかなり少なくなった。月間日照時間平年に比べかなり多くなりました。9日台風15号千葉県に上陸 千葉市中央区最大風速35,9m・最大瞬間風速57,5m記録首都圏など7都県で、最大93万軒の大規模停電が発生した。
 10月
上旬:台風18号から変った温帯低気圧・気圧の谷や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多くなった。中旬:台風19号や低気圧の影響で曇りや雨の日が多くなった。下旬:台風20号や前線・気圧の谷、寒気の影響で曇りや雨の日が多くなった。月平均気温は、かなり高くなった 月降水量平年に比べ多くなりました。月間日照時間は、平年に比べ少なくなりました。
12日台風19号伊豆半島上陸 箱根降水量(日降水量)922,5mm 68河川・125ヶ所の決壊 住宅全半壊3719棟・13都県死亡者92名 不明者3名 関東甲信地方・静岡・新潟・東北地方に記録的な大雨 関東地方の7か所で最大瞬間風速40m越える暴風 長野車両センター浸水の為北陸新幹線長野ー上越妙高間 12日〜24日運転休止
22日富士山・立山・甲斐駒ヶ岳 29日白山初冠雪 30日金沢 黄砂、31日富山 黄砂
 11月
上旬:前線や湿った空気の影響で曇りや雨の降った日もあったが高気圧に覆われて晴れた日が多くなりました。
中旬と下旬は、低気圧や高気圧が交互に通過して、天気は、数日の周期でかわりました。
月平均気温平年並み 月降水量平年よりかなり少ない 月間日照時間平年に比べかなり多くなりました。
22日初霜(昨年より10日早く平年より2日遅い)20日「いちょう」の黄葉「いろはかえで」の紅葉27日つばきの開花
 12月
上旬:冬型の気圧配置や気圧の谷の影響で曇りや雨の日が多くなりました。
中旬:高気圧と低気圧が交互に通過したため天気は数日の周期で変わりました。
下旬:気圧の谷や冬型の気圧配置の影響で曇りや雨の日が多くなりました。
月平均気温平年に比べかなり高くなりました 月降水量平年並み 月間日照時間平年に比べ多くなりました
1日初氷  6日初雪 
2019年平均気温富山15,2℃(平年差+1.1℃)金沢15.8℃(平年差+1.2℃)福井15.6℃(平年差+1.1℃)新潟14.6℃(平年差+1.0℃) 北陸地方の平均気温の平年差+1.0で平年よりかなり高く2016年および2004年と並び1946年統計開始から最も高い記録的な高温となった。


平成31年暖候期予報 (2019年2月25日 新潟地方気象台発表)
夏の天候の見通し:北陸地方6月〜8月
6月から7月は、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。その後平年に比べ晴れ間が少ないでしょう


令和元年寒候期予報 (2019年9月25日 新潟地方気象台発表)
冬の天気の見通し:北陸地方12月〜2月
冬型の気圧配置が平年より続きしない見通しで、暖冬傾向・特に10月が、高温が予想される
平均気温は、平年並みまたは、高い 降水量は平年並または、少ない 降雪量は、平年並か少ない



平成31年(2019年)冬(12月〜2月)の天候経過・・3月1日 新潟気象台発表
12月冬型の気圧配置が多く、気温は低く 降水量はかなり多く 日照時間は、かなり少なくなった。
1月冬型の気圧配置が多く、気温は低く、降水量や降雪が多く日照時間は、少なくなった。
2月冬型の気圧配置は多く、気温は低く、多雪またこの時期としては、晴れの日が多くなった。
12月〜2月の特徴
1月中旬から2月上旬にかけては、強い寒気が断続的に入り、山沿いや平地で大雪となりました。
気温3か月平均で低かった 降水量は、かなり多かった 日照時間は、平年並み


平成31年・令和元年(2019年)今春(3月〜5月)の天気経過・・・・6月3日 新潟気象台発表
3月、4月の天気は、数日の周期で変わったが、5月は、高気圧に覆われて晴れた日が多く 春の日照時間は、1946年の統計開始以来、最も多く記録的な多照となった。また晴れて強い日射の影響を受けたことや暖かい空気が流れ込みやすかったため春の平均気温は、高かった。気温は、3月、5月はかなり高く、4月は、低かった3ヶ月平均気温は高かった。降水量5月は、少なかった。3ヵ月合計の降水量は平年並みだった。日照時間は、3月は、多く、5月は、かなり多かった
月別の天気経過
3月天気は、数日の周期で変化、南から暖かい空気に覆われやすかった かなりの高温、多照
4月天気は、数日の周期で変化 上旬は寒気の影響を受ける下旬は気圧の谷や湿った空気の影響で雨の日続く、低温
5月高気圧に覆われて晴れた日が多かった。また暖かい空気に覆われやすく気温は、高い日が続いた。かなりの高温、少雨、記録的多照


令和元年(2019年)夏(6月〜8月)の天気経過・・・・9月 2日 新潟気象台発表
6月 高気圧に覆われて晴れた日もあったが、気圧の谷や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多かった(高温・多雨・多照)
7月 下旬のはじめまでは、梅雨前線などの影響で曇りや雨の日が多かったが、その後は、太平洋高気圧に覆われて晴れた日が多かった。(少雨)
8月 上旬から中旬にかけて太平洋高気圧に覆われて晴れて厳しい暑さが続いた。14日から15日は、台風第10号によるフェーン現象で、日最高気温8月15日新潟県中条40,7℃・寺泊40,6℃三条40,0℃ 石川県志賀40,1℃を記録的な温度になった。下旬は、秋雨前線の影響で曇りや雨の日が多く大雨となった日もあった。(高温・かなりの多雨)
北陸地方の梅雨入りの時期は、6月7日梅雨入り、梅雨明け7月24日 梅雨の時期の降水量は平年比より「少ない」階級となった。

令和元年(2019年)秋(9月〜11月)の天気経過・・・・・12月2日 新潟気象台発表
9月 高気圧に覆われて晴れた日が多く、台風第13号、15号が接近または上陸・通過し、暖かい空気が流れこんだ影響もあり かなりの高温、かなりの少雨、かなりの多照となった。
10月台風や低気圧および前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れこみやすく、かなりの高温、かなりの多雨、かなりの寡照となった。
11月気圧の谷や寒気の影響で、曇りや雨または雪の降った日もあったが、低気圧が日本の北を通過しやすく高気圧に覆われて晴れた日が多く、かなりの小雨、かなりの多照であった。







参考文献:富山地方気象台 新潟地方気象台 気象庁 内経気象学入門(緑書房) 旧暦と暮らす(ビジネス社) 日本の七十二候を楽しむ(東邦出版)