笑顔と感動に出会う旅

美ヶ原高原




2016年6月26日 八ヶ岳中信高原国定公園:美ヶ原(日本百名山)


美ヶ原高原は、王ヶ頭2034m・王ヶ鼻2008m・焼山1907m・鹿伏山1976m・牛伏山1990m・物見石山1985m・茶臼山2006mなどの峰々からなる
山頂一帯が、標高2000m 面積600haの台地となって広がる日本一高く、広く、美しい高原 西は乗鞍・穂高・槍・白馬など北アルプス 北に妙高・戸隠なの北信五岳の峰々 南に北岳・仙丈ヶ岳などの南アルプスや木曽駒ヶ岳などの中央アルプス 東に浅間山・奥秩父連峰・蓼科山・八ヶ岳・富士山360度の眺望が楽しめる


                 

<今回の登頂ルート>
三城いこいの広場:登山者無料駐車場標高1420m−ふじさわ道ー広小場(ひろこば):百曲りルート&茶臼山ルート分岐ー茶臼山標高2006m−牧場内の散策道ー百曲り&塩くれ場分岐ー塩くれ場ー美しの塔標高1958m−百曲り園地ー烏帽子岩ーダテ河原ルート&王ヶ頭分岐ー王ヶ鼻標高2008m−王ヶ頭標高2034m−百曲り分岐ー広小場ー三城いこいの広場

<美ヶ原高原:茶臼山・王ヶ頭・王ヶ鼻・牛伏山登山コース>
◎石切場登山口ー八丁ダルミミコース2.7kmー王ヶ鼻
◎石切場登山口ー木舟コース3.2km−王ヶ頭(途中でダテ河原コース合流)
◎三城・少年自然の家ーダテ河原コースー王ヶ頭(途中で木舟コース合流)
◎三城いこいの広場標高1420mー広小場ー百曲りコースー王ヶ頭&塩くれ場・美しの塔
◎三城いこいの広場標高1420mー広小場ー茶臼山
◎扇峠ー茶臼山
◎美ヶ原自然保護センター標高1920mー王ヶ頭
◎美ヶ原高原美術館標高1940m−牛伏山標高1990mー塩くれ場ー王ヶ頭
◎山の家登山口ー牛伏山標高1990m−塩くれ場ー王ヶ頭


                
                
                
                                   


<八ヶ岳中信高原国定公園>
長野・山梨両県にわたる八ヶ岳と蓼科高原・霧ヶ峰・美ヶ原などの成層火山や溶岩台地を主体とする公園
1964(昭和39)年6月1日指定 面積39,857ha 長野県面積35、769ha
美ヶ原は、この公園の北端に位置する浸食された溶岩台地(メサ地形と呼ばれています スペイン語でテーブルという意味) 王ヶ頭や烏帽子岩の断崖を造る溶岩岩塊は複輝石・安山岩と角閃石 複輝石 安山岩で板状節理を作っている
王ヶ鼻に立つ石仏群に磁針を近づけると大きく変化する。美ヶ原気象現象よる落雷で、強い磁力になって磁石をくるわせる現象


<八ヶ岳中信高原国定公園八ヶ岳・蓼科山登頂記録>
◎2009年7月25日 阿弥陀岳・赤岳・硫黄岳・行者小屋テント泊
◎2013年7月14日 南八ヶ岳:編笠山・権現岳周回・・・・・・編笠山・権現岳
◎2013年9月22日 北八ヶ岳:天狗岳・にゅう・白駒の池周回・・・・・・天狗岳・白駒池
◎2014年9月21日 蓼科山・南横岳・双子山周回・・・・・・・・蓼科山


<お花のおもてなし>

                
                
                
                
                
                


<美ヶ原高原の生い立ち>
1)フォッサマグナ海底沈降(約2600万年前)
2)海底火山の活動(約2500万年前)
3)石英閃緑岩(深成岩類)の乾乳貫入(約2000万年前)
4)隆起・陸化・浸食(約1500万年前)
5)陥没 三城累層堆積(約500万年前)*三城累層(主に礫岩・砂岩・泥岩・凝灰岩からできている)
6)成層火山ができる(約80−130万年前)
7)浸食、平坦化、現在


      

<参考資料>
美ヶ原自然保護センター:美ヶ原自然観察(HP),登山口&登山道掲示板、信州山岳ガイド花鳥岳人・山歩き(信毎書籍出版センター)
山と高原地図 八ヶ岳・蓼科・美ヶ原・霧ヶ峰(昭文社)より