笑顔と感動に出会う旅

縞枯山・三ツ岳




2016年 7月31日 北八ヶ岳 茶臼山・縞枯山・三ッ岳・北横岳・雨池周回

森と湖が奏でる神秘的な北八ヶ岳 不思議な縞枯れ現象が見られる縞枯山登山道・茶臼山や縞枯山展望台から見る針葉樹の樹海と天狗岳その後方に南八ヶ岳の赤岳・阿弥陀岳展望・岩稜が連続する三ヶ岳・静寂を感じる七ッ池・雨池・心の癒し苔の森散策道


               


<今回の登頂ルート>
麦草峠標高2120mP−大石峠ー中小場(なかこば)ー茶臼山標高2383m&展望台ー縞枯(しまがれ)山展望台ー縞枯山標高2402m−雨池(あまいけ)峠標高2245m−雨池山標高2245m−三ヶ岳(みつだけ)T峰・U峰標高2360mV峰ー坪庭・北横岳分岐ー北横岳ヒュッテ標高2400m−北横岳南峰2473m・北峰2480m−北横岳ヒュッテから2分七ッ池ー坪庭(つぼにわ)南口ー縞枯山荘標高2230mー雨池峠ー大石川林道標高2133mー雨池西岸標高2076mー雨池南岸ー林道ー麦草峠口分岐標高2047mー麦草峠
(参考:茶臼山&縞枯山山頂は樹林に囲まれています。展望地に行きましょう)


<参考タイム>
麦草峠ー15分ー大石峠ー50分ー茶臼山ー3分ー茶臼山展望台ー40分ー縞枯山展望台ー5分ー縞枯山ー30分ー雨池峠ー15分ー雨池山ー50分ー三ッ岳ー50分ー北横岳ー30分ー坪庭南口ー10分ー雨池峠ー30分ー大石川林道ー20分ー雨池口分岐ー5分ー雨池西岸ー25分ー北岸・南岸ー15分ー大石川林道麦草峠分岐ー60分ー麦草峠


               
               
                                 


<北八ヶ岳>
北端の大河原峠から始まり 麦草峠を横切り天狗岳南の夏沢峠までを指している
茶臼山は北八ヶ岳火山列のほぼ中央に位置し小円錐形(お椀を伏せた山容)である

<三ッ岳(みつだけ)>
国土地理院の地形図には山名や標高が記されていない山 北横岳の東 溶岩台地の南に位置する三ッ岳は東西に長く延びた頂稜をもつ大小の岩塊が折り重なる複雑な地形をしているT峰〜V峰まであるがU峰は、三峰の最高標高2360m 鎖場やゴツゴツした岩場道は、天候の悪いときは手ごわい道だ不安を感じたら無理しないで、坪庭経由で安全登山


                           
                           


<縞枯れ現象>
縞枯山の南南東と南南西斜面で標高2200m付近から頂上付近までの間ほぼ等高線と平行して白い帯状の縞枯れ模様が出来る。諏訪地方から吹き上げる強風や岩魂地で土壌が乏しい要因で倒木や、立ち枯れを起こす。枯木帯と若木帯が縞状に発達する。

<北八ヶ岳、苔の森>
麦草峠からほど近い白駒の池周辺の苔の原生林が、日本蘚苔類学会により「日本の貴重な苔の森」として認定された 八ヶ岳で約500種の苔が見られます。
次回は麦草峠付近にある地獄谷火口跡にある苔観察したね。

               
               


<八ヶ岳中信高原国定公園、八ヶ岳・蓼科山・美ヶ原 登頂記録>
◎2009年7月25日 阿弥陀岳・赤岳・硫黄岳行者小屋テント泊
◎2013年7月14日 南八ヶ岳:編笠山・権現岳周回  ・・・・・・・編笠山・権現岳
◎2013年9月22日 北天狗岳・にゅう・白駒の池周回 ・・・・・・・・・・・天狗岳・白駒池
◎2014年9月21日 蓼科山・南横岳・双子山周回   ・・・・・・・蓼科山
◎2016年6月26日 美ヶ原高原              ・・・・・・・・・・・美ヶ原高原


                 

<参考資料>
花・鳥・岳・人山歩き(信毎書籍出版センター)、山と渓谷2013・9月号(山と渓谷社)