笑顔と感動に出会う旅

上田城址




2016年9月10日 上田城址・信州真田丸大河ドラマ館・無言館の旅

立山カルデラ砂防博物館友の会・交流視察会



                               


                             


<日程>
JR富山駅・北口8:00−上田城址公園:信州真田丸大河ドラマ館ーきのこ料理専門店・きのこむら深山昼食ー戦没画学慰霊美術館・無言館&傷ついた画布のドームー坂城IC−小布施ハイウェイオアシスーJR富山駅北口19:00着(30分遅れ到着)
参加者41名、立山カルデラ砂防博物館職員3名

                               


<河岸段丘を利用した上田城>


 西櫓からの展望
かつては城のすぐ下に千曲川や湿地帯となって天然の堀を作っていた

河岸段丘とは、河川の中・下流域に沿って発達する階段状の地形。平らな台地と急な崖からなる階段のような地形
上田泥流層と川床礫層で作られた尼ヶ淵の地層や安山岩と凝灰岩で作られた石垣の謎、堀石垣の水抜き穴の謎など見どころがいっぱいです。桜の咲く時期にもう一度訪れたい。

<参考資料>
いざ、真田幸村公 ゆかりの地へ:上田地域観光協会(上田市・東御市・青木村・長和町)&ブラタモリ2 角川書店