笑顔と感動に出会う旅

玄武洞・天橋立




2016年11月19・20日 山陰海岸世界ジオパーク・玄武洞&日本三景天橋立


玄武洞公園の中心にある天然記念物・玄武洞・美しい柱状節理が見られる天然記念物・青龍洞・横向き節理の断面を見ることが出来る白虎洞・節理が作られる過程や溶岩流の先端が見る事が出来る南・北朱雀洞
関西花の寺霊場第七番札所如意寺・日本三景・天橋立と西国第二十八番札所成相寺&智恩寺


    

天然記念物 柱状節理の美しい青龍洞

                       洞の高さ33m、幅40m、石柱は中央に向かつて15m

<山陰海岸ジオパークと玄武洞の歴史>
山陰海岸国立公園を中心として、東は京都府丹後市から西は鳥取県鳥取市まで京都府(京丹後市)兵庫県(豊岡市・香美町・新温泉町)鳥取県(岩美町・鳥取市)の1府2県3市にまたがり東西約120km 南北最大約30kmに渡って広がっている
天然記念物に指定 1931(昭和6)年玄武洞・青龍洞が指定
山陰海岸国立公園 1963(昭和38)年玄武洞周辺一帯が指定
日本の地質百選  2007(平成19)年5月選定
日本ジオパーク   2008(平成20)年12月認定
世界ジオパーク   2010(平成22)年10月認定
日本ジオパーク   2013(平成25)年12月再認定

<玄武洞公園:兵庫県豊岡市>
1807(文化4)年この地を訪れた江戸時代後期の儒学者柴野栗山はこの洞の岩石が作り出す節理の形や断面の模様などから、中国の妖獣「玄武」を連想し「玄武洞」と命名しました。
1884(明治17)年東京帝国大学の小藤文次郎博士によって岩石の名称を玄武岩(黒っぽい岩)と名付けた
玄武洞公園の中心にある天然記念物・玄武洞 その右手に柱状節理が美しい天然記念物・青龍洞 横向き柱状節理の断面を見ることができる白虎洞 節理が作られていく成り立ちがわかる南・北朱雀洞


 

              天然記念物 玄武洞                           南朱雀洞

<地球磁場の逆転が発見された場所が玄武洞>
1926(大正15)年京都大学の松山基範博士は、約160万年前の火山活動で形成された玄武洞の石が現在の地磁気と反対の磁性であることを発見し、現在と反対の磁性の時代が存在していたことを示した(松山逆磁極期とよばれている)この発見が地球科学における海洋底拡大説(地球内部から物質が上昇し、新しく岩盤を作るため海底が中央
海嶺の両側へ拡大するという説)やプレートテクトニクス説(地球の表面が何枚かの岩盤(プレート)で構成され、このプレートが対流するマントルに乗って互いにうごいているという説)に大きく寄与しました。

<玄武洞と暮らし>
玄武洞はかつては採石場でした。規則正しい割目のある玄武岩は石材に適しており家の石垣や庭石・漬物石などに使用されました

<玄武洞の地域と柱状節理>
今から300万年前頃から1万年前頃、但馬地域一帯では盛んに火山の噴火が起こっていました
この玄武洞付近を構成している玄武岩は約160万年前に流れた溶岩であるとされています
その火山の形は残っていませんが、公園の周囲・円山川をはさんだ対岸の二見山付近地域からも同じ玄武岩が分布しており広い範囲で火山活動があった。
岩石に見られる規則正しい割れ目を節理と言い、柱のようになったものが柱状節理で、熱い溶岩が熱対流によって冷却された方向に発達し、対流の渦によって同じ大きさのものが並び、冷えるにつれて収縮し、互いに引き合って六角形を作ります。白虎洞では、水平方向に伸びた横向き柱状節理の断面を見ることが出来ます。玄武洞の垂直方向に伸びた節理と比べると細いことがわかります 一般に柱状節理はゆっくり冷えた所ほど大きくなる。横向き節理では、溶岩が速く冷えたこと、つまり溶岩の周縁部に近いことがわかります。

                           


              関西花の寺霊場第七番札所如意寺           和・唐・天竺三様式融合重層宝形造の不動堂

<如意寺 にょいじ >京都府京丹後市久美浜町
関西花の寺二十五ヶ所霊場 第七番札所
奈良時代の天平年間、行基(ぎょうき)菩薩開基の寺院である。鎌倉時代・伏見天皇から「如意寺」墨書の勅額(ちょくがく)を下賜された。本尊は十一面観音菩薩(眼守護)・日切不動尊(ひぎりふどうそん)阿弥陀如来は定朝様式(平安後期)の座像・仁王門の金剛力士像は鎌倉初期・不動堂は宮大工中村淳治棟梁による和・唐・天竺の三様式融合
重層宝形造(ほうぎょうづくり)である
4月初〜中旬満開になるミツバツツジの自生林がピンク色に染まる頃・トウテイラン・しょうぶ・山リンドウ・ダイモンジソウと一年通じて山野草が咲く・「花と祈願と”花説法”のお寺」として多くに参拝者が訪れる

<関西花の寺二十四ヵ所霊場>
第 1番 丹州観音寺 たんしゅうかんのんじ  京都府福知山市 十一千手千眼観世音菩薩  アジサイ6月上旬〜7月初旬
第 2番  楞厳寺  りょうごんじ  京都府綾部市  薬師瑠璃光如来 ミツバツツジ4月中〜下旬・蓮7月中〜8月
第 3番  金剛院  こんごういん  京都府舞鶴市  波切不動明王  紅葉11月上旬〜中旬
第 4番  高源寺  こうげんじ  兵庫県丹波市  釈迦如来  紅葉11月上旬〜中旬
第 5番  高照寺  こうしょうじ  兵庫県養父市  胎蔵界大日如来  モクレン4月中旬〜5月上旬
第 6番  隆国寺  りょうこくじ  兵庫県富岡市  聖観世音菩薩  牡丹4月下旬〜5月上旬・椿3月〜4月
第 8番  應聖寺  おうしょうじ  兵庫県福埼町  聖観世音菩薩  沙羅6月中旬〜7月上旬・紅葉11月下旬
第 9番  鶴林寺  かくりんじ  兵庫県加古川市  薬師如来  菩提樹 6月中旬
第10番 麻耶山天上寺  まやさんてんじょうじ  兵庫県神戸市  十一面観世音菩薩  沙羅 6月下旬〜7月中旬
第11番  永澤寺  ようたくじ  兵庫県三田市  釈迦三尊  花菖蒲 6月上旬〜7月上旬
第12番  久安寺  きゅうあんじ  大阪府池田市  千手観世音菩薩 紫陽花6月下旬〜7月上旬紅葉11月中旬
第13番  法金剛院  ほうこんごういん  京都府左京区  阿弥陀如来  蓮 7月初旬〜8月初旬
第14番  興聖寺  こうしょうじ  滋賀県高島市  釈迦牟尼如来  藪椿 4月中旬〜5月上旬
第15番  岩船寺  がんせんじ  京都府木津川市  阿弥陀如来  紫陽花 6月中旬〜7月中旬
第16番  浄瑠璃寺  じょうるりじ  京都府木津川市  九体阿弥陀如来  あせび 2月〜4月上旬
第17番  般若寺  はんにゃじ  奈良県奈良市  八文文殊菩薩騎獅像  コスモス 9月〜10月
第18番  白毫寺  びゃくごうじ  奈良県奈良市  阿弥陀如来  椿3月下旬〜4月中旬 萩9月下旬
第19番  長岳寺  ちょうがくじ  奈良県天理市  阿弥陀三尊  平戸つつじ 4月下旬〜5月上旬
第20番  石光寺  せっこうじ  奈良県葛城市  阿弥陀如来  牡丹4月下旬〜5月上旬
第21番 當麻寺西南寺 たいまでらさいないん  奈良県葛城市  十一面観自在菩薩  石楠花4月中旬〜5月中旬
第22番  船宿寺  せんしゅくじ  奈良県御所市  薬師如来  平戸つつじ4月下旬〜5月上旬
第23番  金剛寺  こんごうじ  奈良県五條市  薬師如来  牡丹 4月下旬〜5月上旬
第24番 子安地蔵寺  こやすじぞうじ  和歌山県橋本市  地蔵菩薩  藤 4月下旬〜5月初旬
第25番  観心寺  かんしんじ 大阪府川内長野市  如意輪観世音菩薩  梅2月〜3月 紅葉11月


                          

                         玄武岩を使って大谿川の護岸と城崎温泉街

<城崎温泉>
平安時代より人々に愛され続けている温泉
七つの外湯 「さとの湯・一の湯・まんだら湯・地獄湯・柳湯・御所の湯・鴻の湯」が楽しめる
また周辺には特別天然記念物・コウノトリ 兵庫県立コウノトリの郷公園や文化館があります。

              

傘松公園から3分 股のぞき発祥の地


<日本三景:天橋立>
神代の昔、天にあった伊射奈岐(いさなぎ)の大神が地上の籠宮(こみや)に居られた伊射奈美のもとに通うため、天から長い梯(かけはし)を懸(か)けられましたが、これが一夜のうちに倒れてできたのが天橋立の由来

<元伊勢籠神社(もといせのじんじゃ)>
伊勢の外宮の元宮の地と伝えられ、奈良時代以前に遡る丹後随一の古社といわれています
御祭神 彦火明命 元伊勢の杜または丹後国一の宮
国宝「海部(あまべ)氏系図」や多くの文化財を所蔵・石造狛犬は国の重要文化財です


      

               傘松駅〜府中駅リフト・ケーブルカー                西国第二十八番札所成相寺

<成相寺 なりあいじ > 西国二十八番札所 山号は成相山
704(慶雲元)年、真応上人の開基し 文武(もんむ)天皇の勅願所として開山したと伝えられる
本尊は聖観世音菩薩で身代わり観音・美人観音として有名
拝むと美しい人となることや身代わりとなって助けてくれる寺として多くの女性参拝者が多い
鉄湯船・山門・一願一言地蔵・左甚五郎作「真向きの龍」・撞かずの鐘・平成五重塔・弁天山展望台などがあります。
傘松駅より登山バスで約7分海抜約350m20分間隔で運行


 

               平成五重塔の広場                                智恩寺の山門
                                                  三間三戸二重門の丹後地方最大の山門

<智恩寺 ちおんじ >
日本三文殊寺のひとつで通称切戸又は九世戸の文殊堂として「智慧」を授かる文殊さんとして多くの参拝者が訪れる
多宝塔 室町時代・重要文化財
他の文殊寺
*奈良県桜井市 安部文殊院
*山形県高畠町 大聖寺亀岡文殊


<道のり>
北陸自動車道ー舞鶴若狭自動車道ー京都縦貫自動車道ー山陰近畿自動車道(無料)−京丹後大宮IC(2016・10・30開通)−R312−久美浜町・如意寺ー府道11号ー県道11号ー城埼温泉ー玄武洞公園ーひだまり宿ー宮津天橋立ICー天橋立Pーモーターボートで一の宮ー府中駅〜傘松駅(リフト&ケーブルカー)−登山バスー成相寺ーR178−R45−R178−R175−舞鶴港とれとれセンター道の駅ーR27−小浜西IC−舞鶴若狭自動車道ー北陸自動車道


<参考資料>
玄武洞掲示板・玄武洞・コウノトリの郷公園周辺おもしろ案内図より・天橋立掲示板・如意寺・成相寺案内資料より