笑顔と感動に出会う旅

千石城山




2017年 1月 8日 城山(千石城山)758m 富山の百山

真正面に劔岳を眺められる山


              

<行程>中新川郡上市町
東種ー上市川第2ダム上流ーふるさと劔親(つるぎしん)自然公園標高409m分岐P−第1登山口468mー送電線鉄塔−展望台ー2つの掘割越えー城山757.6m(三等三角点)
歩行時間:第1登山口から山頂往復2時間

<登頂記録> 2011年 2月 6日 千石神社付近P−城山ースキー場周回ルート
次回の挑戦は笠尻山629.5m&城山ルート歩き


   

                   毛勝三山                             奥大日岳・大日岳

<千石山城跡>
南北朝〜戦国時代に新川郡一帯で支配した土肥氏が、白岩川・大岩川流域に展開した城館群の「詰城(有事の際に立てこもる山中の城)」として高所に築かれた山城。県内では、黒部市 鋲ヶ岳城跡標高861mに次いで第2位の高さです。山頂部に二段の郭(曲輪・平坦面)をもちそこから延びる主尾根沿いに大規模(尾根を完全に断ち切る)な堀切群があり防衛性を極端に重視した城であった。・・・・平成26年8月上市町教育委員会の掲示板より

<千石神社・隕鉄の碑>
1890(明治23)年白萩隕鉄、1892(明治25)年白萩2号「別名:早乙女隕鉄」が発見された。
榎本武揚が自費で白萩隕鉄を購入し、刀工 岡本国宗に作刀を依頼して「流星刀(鉄隕石3・鋼2割合で混合)」、日本初の隕鉄刀が生まれた。


     

                  富山湾                             第1登山口標高468m