笑顔と感動に出会う旅

碁石ヶ峰・桝形山





2018年5月20日 碁石ヶ峰481m(富山の百山)・桝形山486m(荒山城跡)


富山県氷見市/石川県羽咋市・中能登町の境界線にある宝達丘陵にある峰 山頂からは、富山湾越の立山連峰 羽咋・鹿島市街・邑知(おうち)低地帯と日本海・七尾湾越の能登島など能登半島360度の展望が満喫できる碁石ヶ峰・桝形山 碁石ヶ峰の風力発電所は、2017(平成29)年3月31日廃止され、撤去されている。




             

碁石ヶ峰展望


             

邑知(おうち)低地帯と邑知潟断層帯


             

桝形山からの七尾湾と能登島展望


<行程> 能越自動車道氷見北ICー304線ー余川交差点ー氷見広域農道ー森寺交差点ー18号−荒山峠ー林道城石線ー中能登町原山:荒山城跡駐車場
荒山城跡駐車場標高384m−林道城石線ー18号線(氷見・田鶴浜線)−蛇ヶ池修験の道登山口標高315m−大平山尾根ー湯ノ谷口分岐標高439m−石動6.2&碁石3.9表示板標高435m−小竹&石動・碁石分岐ー良川・磯部線県境付近登山口標高401.5m−久江原山標高452.3m−鉄塔ー標高347m地点ー鉄塔ー原山峠標高367m−地蔵尊登山口ー追跡ハイキング見晴台コースー碁石ヶ峰ー荒山城跡駐車場ー桝形山ー駐車場

参考:毎年11月・中能登トレジャートレイルランが開催されているので、中能登トレイルランコースは、大変歩きやすいです。碁石ヶ峰山頂から原山大池散策道は、下草と標識案内不明板があり要注意 舗装道路使って原山大池へ
今回は、健康の道・小金谷コースに迷走歩きでUターン:(かなり下草に覆われている時は、中止&戻る

<参考コースタイム> 階段のアップダウン連続・分岐確認の為、ゆっくり休んで、登り3時間・下山3時間
荒山城跡駐車場7:20−石動6.2&碁石3.9表示地点8:23−原山峠9:55−碁石ヶ峰10:30〜11:00
原山峠12:02〜12:25−蛇ヶ池修験の道登山口15:12−荒山城跡駐車場15:28−桝形山15:45−荒山城跡駐車場16:11

< 碁石ヶ峰 461m 二等三角点 点名:碁石 >
名前の由来は、山頂にある5つの御神体石から「御石神」「御石峰」と呼ばれたものが、変化していったと伝えられています。古くから雨乞い山として御神事が行われている。

<参考 >
石動・宝達山地は、邑知(おうち)潟低地帯の南側 能登半島付け根部・石川・富山県境に位置 全般にやや急峻な地形を呈する。最高峰は、宝達志水町南部の宝達山標高637mである。
相対的に石川県側が急傾斜であり、富山県側は、緩傾斜で宝達丘陵または、西部丘陵と呼ばれている。
石動・宝達山地には、中新世前期〜後期の堆積岩類が主に分布している。
邑知潟断層帯は、石川県の中央に分布する活断層帯で七尾市から中能登町・羽咋市・宝達志水(ほうたつちみず)町を経てかほく市に至る断層帯 全体の長さは、約44km ほぼ北東ー南東に延びている


             

桝形山のおまけ付き展望


<荒山城跡(桝形山標高486m)>
荒山峠を眼下におさめる城塞の山 荒山砦からの富山湾・七尾湾・邑知低地帯と日本海展望は見事です。
本能寺の変で織田信長が急死を機に、畠山家の家来温井景勝と三宅長盛の両氏は、石動山の衆徒と組み桝形山に築いた砦にたてこもり、前田利家と対峙した。その後佐久間盛政と利家軍が攻撃し、荒山砦は陥落した。これを荒山合戦と言う。
次回は、荒山城跡駐車場ー桝形山ー石場山512.8m−石動山564m周回ルート歩きですね!楽しみです。


             

湯ノ谷池

自然遊歩道ルートには、山・池・海・階段アップダウン歩き、変化に飛んだ遊歩道です



<お花のおもてなし>


                         
                         
                         

参考文献:分県登山ガイド 石川県の山(山と渓谷社) 富山の百山(北日本新聞社) いしかわの自然を楽しむ(楓工房)

                

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て同院発行数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)、及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。(承認番号 平24情使 第162号)