笑顔と感動に出会う旅

根子岳・小根子岳・四阿山




2018年6月17日 根子岳2207m・小根子岳2128m・四阿山2354m


長野県の東部(東信地方)上田市真田町、須坂市と群馬県嬬恋村の境にある四阿火山外輪山  最高峰四阿山(あずまやさん)、根子岳(ねこだけ)、小根子岳、浦倉山、奇妙山とで形成 日本百名山四阿山と花の百名山根子岳をつなぐコース 白樺・岳樺林・レンゲツツジ群生地・草原・爆裂火口壁・ヤセ尾根・樹林帯と急登 360度の展望 変化に富んだコースが魅力



        

小根子岳2128m(一等三角点 点名猫岳)からの根子岳・四阿山展望



<行程> 北陸道ー上信越道ー須坂長野東ICー県道58(長野須坂インター線)−国道406(大笹街道)
菅平牧場根子岳登山口標高1592mー白樺・岳樺林ー森林限界石碑ー根子岳2207m−小根子分岐ー小根子岳2128m(一等三角点 点名猫岳)−根子岳ー屏風岩(右側に爆発火口壁の切り立った赤ゾレ)−十ガ原(とうがはら)ー樹林帯急登ー菅平牧場・四阿山分岐ー鳥居峠分岐ー木段登りー四阿山南峰2354m(信州社の祠・上州社の祠)ー鞍部ー北峰2333m(二等三角点 点名吾妻山)ー菅平牧場・根子岳分岐ー中四阿山ー小四阿山ーレンゲツツジ群落・白樺林ー大明神沢の丸太橋ー四阿山登山口ー根子岳登山口P

<コースタイム>
菅平牧場根子岳登山口ー120分ー根子岳ー15分ー小根子分岐ー5分ー小根子岳ー25分ー根子岳ー140分ー菅平牧場&四阿山分岐ー15分ー四阿山南峰ー5分ー北峰ー7分ー四阿山南峰ー10分ー根子岳&菅平牧場分岐ー130分ー菅平牧場駐車場
注意:根子岳&菅平牧場分岐から四阿山登山口ルート表示板に菅平牧場以外に、ダボス牧場・菅平牧場管理事務所表記あります.その他に入山料大人200円(無料駐車場三ヶ所と登山口にトイレ)

<参考タイム>
菅平牧場根子岳登山口4:30出発−根子岳5:51−小根子分岐6:06−小根子岳6:09〜6:17−根子岳6:41−十ガ原(鞍部)7:04−菅平牧場&四阿山分岐7:43−四阿山南峰8:00−北峰三角点8:23−四阿山南峰下山8:43ー中・小四阿山&レンゲツツジ群生地に大休憩ー菅平牧場駐車場11:09




         

十ガ原(とうがはら)と呼ばれる鞍部からの根子岳展望



         

根子岳ー屏風岩縦走ルート 十ガ原・四阿山展望


<四阿火山>
四阿火山は、西に根子岳 南に四阿山 東に浦倉山 北に奇妙山 直径約3kmもあるカルデラで構成されている
四阿山は、約80万年前〜46万年前にさまざまな噴火を繰り返して成長した。約80万年前〜65万年前地中から上ってきた高温の温泉に岩石(溶岩)が反応して熱水変質し、浸食と地滑りを繰り返してカルデラができた。北側で、カルデラが割れていて米子川が北方に向けて流れており、カルデラの縁には、米子大瀑布がある
根子岳2207mは、四阿火山の爆発によって山頂部を失った外輪山です。


   

四阿山南峰2354m山頂には、信州祠と上州祠がある


<四阿山は別名吾妻山(あずまやま)>
どこから見ても山の形が屋根の棟に似ているので、この名がつけられた
古事記によれば日本武尊が東征から戻って信濃に入る峠に立たれたとき「あずまはや」と叫んで、弟橘(おとたちばな)姫をしのばれたといい、嬬恋村(つまごいむら)の名もこの伝説による


   

四阿山北峰2333mから見た南峰2354m           北峰にある二等三角点 点名吾妻山 





 

山頂からは、浅間山・蓼科山・八ヶ岳・中央アルプス・北アルプス・北信五岳・富士山など360度の眺望




                         

中四阿山から〜四阿山登山口間は、レンゲツツジ群落歩き



                               
                               

                             
                           





心に響くフォトムービー 根子岳・小根子岳・四阿山

操作:マウスクリックして・・開くをクリック操作して・・ダウンロード




nekodake.mpg







                   

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)、及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。  (承認番号平24情使 第162号)

参考文献:長野県の山 (山と渓谷社) 信州山岳ガイド 花鳥岳人・山歩き (信毎書籍出版センター)