笑顔と感動に出会う旅

細蔵山




2018年10月21日 細蔵山1551m (富山の百山)


白く輝く剣岳(富山気象台から初冠雪を観測した日・平年より13日遅く、昨年より4日遅い)を望みながら山仲間(5名)で、遭難者(南砺市田屋)の捜索活動をしながら、南砺市山岳協会交流登山・細蔵山登山に参加しました。1330m付近から単独(高岡在住)の方も、山頂経由登山口まで一緒に行動しました。
鞍部〜1330m付近は、広い稜線台地の為ルート間違いをする尾根ですね。少しルート探しで、途中下車状態下山時に注意が必要また1234m稜線部から登山口までは、ロープ伝えの下山歩き、大腿・下肢の筋肉疲労もピーク状態 転倒・滑落に注意。ゆっくり休んで下りたい。11時ごろから雲が出始め山頂に登ったころは、全く展望ない状態だった。秋晴れの予報なのにどうして?・・・・残念



             

<行程>県道333号(剣岳公園線)
伊折橋ー作業道ー木の根谷P−細蔵山登山口ー1234m稜線&細蔵の大杉分岐ー1330mピークー最低鞍部ー細蔵山山頂  (登り4時間30分・下山2時間50分プラス木の根谷Pから登山口まで20分)

<参考タイム> 登頂登山者12名
木の根谷P8時48分ー砂防林看板登山口9時15分ー最低鞍部12時20分ー細蔵山13時05分〜13時30分ー砂防林看板16時24分ー早月川登山口16時30分ー木の根谷P16時48分





<伊折橋ー馬場島(県道剣岳公園線・333号)間の登山記録>

*1996年10月20日 中山1255m
*2008年 4月 6日 大熊山1629m
*2011年 7月 1日 クズバ山1876m
*2012年 5月27日 大熊山1629m
*2014年 2月23日 赤谷の頭1046m・・・・・・・・赤谷の頭
*2015年 6月14日 細蔵山・・・・・・・・・・細蔵山
*2018年 2月24日 土倉山・・・・・・・・・・土倉山
*2018年 3月 4日 再挑戦土倉山1384m・・・・・・・再挑戦:土倉山



 



参考文献:富山の百山(北日本新聞社)

 

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。 (承認番号 平24情使 第162号 )