笑顔と感動に出会う旅

白抜山・鷲走ヶ岳




2018年11月 4日  白山市 白抜山891m・鷲走ヶ岳1096,6m


寒気の影響で、富山・福井・滋賀北部地域の降水確率が高くなり 雨雲の少ない白山市方面の山に変更。山腹にワシの羽ばたく姿の雪形が現れることや眼下に手取湖・尾根展望ルートから白山・笈ヶ岳・大笠山・日本海が眺めながら歩く白抜山ー鷲走ヶ岳展望ルート登山。今回は、鷲走ヶ岳山頂に着くころから小雨が降りだし、三角点に触れて下山開始。Bコース分岐点不明の為 Cコース途中から林道Aコース分岐に戻って東二口集落へ

                           




<行程>
白山市東二口集落ー白抜山登山道口ーA・Bコース分岐ー林道ー白抜山ー林道・鷲走ヶ岳分岐ー鷲走ヶ岳ー林道・白抜山分岐ー林道ーBコース分岐から東二口ルート不明の為林道分岐まで戻るー林道ーAコース分岐ー東二口集落
鷲走ヶ岳は二等三角点 点名高尾山 頂上には、方位盤あります

<登山ルート>
*東二口集落ー鷲走ヶ岳(Bコースを使って)130分
東二口集落ー白抜山90分
*白山ろく少年自然の家から1km歩いて、佛師ヶ野登山口から白抜山まで4km
*東二口集落から林道歩きー白抜山 4.8km
注意:新道と旧道の分岐が3か所それに送電線巡視路が交わるので、ルート確認をしながら登る。今回は、林道分岐からCコース下り途中で、Bコースー東二口下山予定だったが、コース分岐が不明で、林道分岐まで戻りました。
旧道の整備状態が確認できない状態なので、利用される場合は注意して歩きましょう。

<参考>
東二口集落駐車場8時46分ーA・Bコース分岐9時25分ー白抜山10時7分〜10時15分ー鷲走ヶ岳11時15分ーサンカンスギの下で休憩11時35分ー林道・白抜山分岐12時05分ー林道にあるAコース分岐1時ーA・Bコース分岐1時25分ー白抜山登山口13時41分ー東二口集落駐車場13時45分

次回は、白山を展望しながら歩きたいね (Bコースー鷲走ヶ岳ー白抜山ーAコースー東二口集落)

<東二口集落>
およそ300年前より伝わる「文弥人形浄瑠璃・でくの舞」 国指定無形文化財がある。
毎年2月上旬から中旬の土曜日・日曜日の「文弥まつり」で上演される。


               

白抜山展望


              

手取湖




                 
                 

鷲走ヶ岳登山道


参考文献:石川県の山(山と渓谷社)・いしかわの自然を楽しむ(楓工房)・白山ろく少年自然の家HP

                  

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)、及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。 (承認番号  平24情使 第162号)