笑顔と感動に出会う旅

大岳山・鳥越城跡附二曲城跡




2018年12月23日 白山市 大岳山495.2m・鳥越城跡附二曲(ふとげ)城跡


午後から降水確率が高いので、予定変更して白山市柳原町県道44号線沿いにある送電線巡視路66標識から大岳山495.2mピーク越えして県道167号線沿い光谷トンネル入り口付近にある送電線巡視路61〜66標識登山口までの往復。県道44号線・堂川沿い歩きで、五十谷集落にある八幡神社「五十谷の大スギ」見学。車移動して鳥越一向一揆歴史館に立ち寄り、国指指定史跡(昭和60年(1985)9月3日〉・二曲(ふとげ)城跡周回散策 車移動して鳥越城跡散策しました。



              

鳥越城跡:中の丸門から見た本丸門


                             

桝形門と本丸門


               

本丸門と後二の丸からの展望


<行程>石川 白山市出合町・柳原町・五十谷町
柳原町県道44号線送電線巡視路66番標識登山口ー66番鉄塔・64番鉄塔・63番鉄塔ー大岳山495.2m(おおだけやま:二等三角点 点名大岳)−紅白62番鉄塔ー県道167号線光谷(みつたに)トンネル左手前 加賀幹線61〜66標識登山口まで往復。県道44号66番標識登山口から堂川上流沿い歩き1kmー五十谷町八幡神社「五十谷の大スギ」ー66番標識登山口P−車移動ー白山市立鳥越一向一揆歴史館ー二曲(ふとげ)城跡周回散策ー車移動ー鳥越城跡P−鳥越城跡散策

<コースタイム>
県道44号線66番標識登山口ー50分ー大岳山ー25分ー県道167号線61〜66標識登山口
光谷トンネル手前61〜66標識登山口−30分ー大岳山ー35分ー66番標識登山口
一向一揆歴史館から二曲城跡散策一周30分〜40分
鳥越城跡Pから鳥越城跡散策 30分〜40分


<参考>
県道44号線沿い送電線巡視路66番登山口付近7時23分ー66番鉄塔7時37分ー64番鉄塔8時04分ー63番鉄塔8時11分ー大岳山495.2m8時17分ー赤白62番鉄塔8時24分ー県道167号線光谷トンネル付近61〜66標識登山口8時50〜8時55分ー赤白鉄塔62番9時19分ー大岳山9時23分〜9時25分ー66標識登山口10時05分ー五十谷の大スギ10時18分〜25分ー県道44号線66番登山口P10時36分〜10時45分ー道の駅10時52分ー白山市立鳥越一向一揆歴史館ー二曲(ふとげ)城跡散策ー道の駅11時58分ー車移動ー鳥越城跡P−鳥越城跡散策ー鳥越城跡P12時46分


              

二曲(ふとげ)城跡

二曲城跡散策は、一向一揆歴史館より35分で周回散策出来ます。


                             

道の駅(一向一揆の里)・食彩館せせらぎと鳥越城跡

道の駅から鳥越城跡散策道は崩壊状態・舗装林道歩きで鳥越城跡へ(今回は車移動しました)



<鳥越城跡附二曲城跡>
鳥越城跡:石川県白山市 三坂町・釜清水町・上野町・別宮町
二曲(ふとげ)城跡:石川県白山市出合町
鳥越城は、東に手取川と西にその支流大日川に挟まれ、通称「城山」と呼ばれる尾根筋の一角標高312mの丘陵上に築かれた山城です。二曲城は、大日川の対岸に通称「サンカクヤマ」と呼ばれる標高268mの孤立峰上に築かれた山城。東・北面は急峻な斜面 東は大日川 南は深い谷を挟んで白山系の山岳 北西の斜面は、曲輪や堀
鳥越城主は、本願寺門徒鈴木出羽守 二曲右京進の子あるいは孫といわれ、本願寺山内門徒の総大将

長享 2年(1488)「長享の一揆」:守護・富樫政親の高尾城(金沢市高尾)を攻め、自害に追い込んだ
天分15年(1546)尾山御坊(金沢御堂)が建設され加賀一向一揆の拠点となる
元亀元年(1570)織田信長と本願寺との間で、石山合戦が始まる
天正 8年(1580)石山合戦 織田信長方勝利 織田方の柴田勝家は、金沢御堂を陥落させる 鈴木出羽守一族と和睦を持ちかけ松任城で謀殺して鈴木出羽守一族含む19名の生首安土城に届けられ鳥越城は落城した。
天正 9年(1581)加州一揆が蜂起して「ふとうげ」にて、柴田勝家の兵300人を討ち果たし鳥越城取り戻す
天正10年(1582)佐久間盛政が一向一揆を制圧し、首謀者300名余りを手取川の河原で磔にされた。白山麓の山内衆の加賀一向一揆の戦いが終わった。


                               
                               

大岳山495.2m(二等三角点 点名大岳) 紅白62番送電鉄塔と光谷トンネル左側手前に加賀幹線61〜66標識



               

白山市立鳥越一向一揆歴史館(入館料¥300)

展示パネル・25分映像シアター後山城散策へ



              

五十谷集落・八幡神社にある「五十谷の大スギ」


                             

<五十谷の大スギ> 県指定の天然記念物
樹高 約38.5m 胸高周囲 7.27m 根本周囲8.78m 樹齢1200年と推定 広円形樹型


次回は、白山市若原町地区の八幡神社付近にある登山口から登る明神壁(みょうじんへき):日本の奇岩百景と天狗伝説が残る岩。また別宮側ルートを使って鳥越城跡歩きを楽しみたい。





                             

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)、及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。  (承認番号 平24情使 第162号)

参考文献:石川県の山 (山と渓谷社) 案内掲示板 白山市立鳥越一向一揆歴史館の資料