笑顔と感動に出会う旅

銀杏峯ー部子山




2019年2月24日 銀杏峯(げなんぽ)ー部子山(へこさん)残雪縦走路


福井県大野市の西南に銀杏峯1440.6mと部子山1464.3m背比べをするようにひと際高くそびえる。残雪期と気象条件が揃って出来る銀杏峯(三等三角点 点名北大雲)〜部子山(二等三角点 点名部子山)縦走路登山 24日大野市最低気温ー3.3℃ 最高温度14.3℃(4月上旬)晴れの予報 縦走路には、40名の登山者が歩き、銀杏峯登山者40名が歩く、宝慶寺いこいの村駐車場朝7時満車、路肩駐車状態



           

部子山から見た縦走路・銀杏峯と荒島岳・白山連峰



<行程>
宝慶寺いこいの村ー名松新道ー銀杏峯ー縦走路ー部子山
今回は、登山日の大野市の予報では、最低気温−3℃ 最高温度14℃(4月上旬)
午後から残雪が軟弱になり、歩き難い状態になるので、早く歩き始める事にした。

宝慶寺いこいの森駐車場4:15−羽衣の松5:12−前山5:27−銀杏峯7:09〜7:18−縦走路最低鞍部8:00ー部子山8:50〜9:05−最低鞍部9:20−銀杏峯10:20〜10:35−前山11:12−羽衣の松11:45−宝慶寺いこいの森駐車場12:08
コースタイムは、残雪の状態や降雪量・気温・風など気象条件で、変わります。また銀杏峯の山頂付近は、凹凸が少ない平になっているまた尾根縦走路は、少し変化があるのでホワイトアウト状態歩き要注意です

縦走路最低鞍部から部子山山頂中間部付近は、風の影響でなるウインドクラストになっているので、踏みつけて登る カンジキ歩きよりアイゼン歩きが良いと思う。少し雪質が悪くなるとカンジキやスノーシュー歩きが良い。この時期は、アイゼンとカンジキ両方必要ですね。コンパクトに収納できるチェーンスパイクを使って登る登山者もいた。


           

銀杏峯からの白山連峰・経ヶ岳・荒島岳展望



             

部子山から見た越前大野市・白山連峰・荒島岳



                 

最低鞍部からの部子山



                   

縦走路から見た部子山


部子山の山名:継体天皇王妃の目子媛(めこひめ)を祀った山で、目子ノ岳ー部子岳ー部子山(へこさん)



             

前山と銀杏峯の中間点から見た大野市展望






       

スコップで掘り出した表示板と山頂展望




<銀杏峯登頂記録>


2001年11月11日 小葉谷(鉱山跡)ルート
2011年10月16日 名松ルート
2013年 5月 5日 中島ルート・・・・・・・・銀杏峰
2014年 5月11日 名松登山口ー小葉谷登山口ーいこいの森周回・・・・・銀杏峰周回

<参考>銀杏峯登山ガイド
小葉谷コース:登り3H10 下り2H40
名松 コース:登り3H40  下り2H30
中島 コース:登り4H    下り3H

部子山は、11月下旬から5月末まで冬季通行止め 詳しい事は池田町観光情報サイトへ
林道終点から20分で山頂へ


             

この地図の作成に当たっては、国土地理長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)、及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。 (承認番号 平24情使 第162号  )

参考文献:福井県の山(山と渓谷社)