笑顔と感動に出会う旅

「立山ジオストーリー」講座




2019年 3月 3日 「立山ジオストーリー」講座


立山カルデラ砂防博物館 映像ホール 10時半〜16時 「雪崩の脅威・ピンポン球雪崩体験」「北アルプスの隆起」「立山地獄谷の調査観測について」の講座に参加しました


                             
                               立山カルデラ砂防博物館 1Fホール
              
              

ピンポン球雪崩体験


<企画展:ピンポン球雪崩実験>
長さ13m傾斜30°の斜面で、1万個のピンポン球を流して雪崩を再現する。ピンポン球の速度時速10km程度
実際の雪崩に遭遇した時に近い衝撃力や空気抵抗を体感することができる。また雪崩の流れ方(盛り上がった頭の部分とすそを引いた尾の部分)が再現される。

<「立山ジオストーリー」講座>10:30〜16:00
第1部「雪崩の脅威・・・映像ホール ピンポン球雪崩体験・・・1Fホール企画展会場 講師飯田 肇学芸課長
第2部「北アルプスの隆起}・・映像ホール 講師竹内 章 富山大学名誉教授・立山黒部ジオパーク協会会長代行
     「立山地獄谷の調査観測について」・・映像ホール 講師丹保 俊哉 主任学芸員

感想:爺ヶ岳・白沢天狗岳複合カルデラの形成された事や飛騨山脈は、隆起と回転から形成されたお話また地獄谷が成長と崩壊を繰り返し変化している事が興味深く感じました。地獄谷再発見と爺ヶ岳ー鹿島槍 氷河・カクネ里展望ゆっくり歩きたいね。