笑顔と感動に出会う旅

中宮山・大瓢箪山




2022年10月16日 中宮山1339.8m・大瓢箪山1549m




リハビリ登山:新中宮温泉から林道高倉線を使って829mの広場から登り途中にあるアルミ梯子から尾根登山道に合流。牛首三角点(三等・点名大窪)ーやどみ尾・瀬波ナメリ谷合流地点ー
中宮山1339.8m(三等・点名中宮)ー大瓢箪山1549m(三等・点名大福部)ー1538m展望台を歩き。大瓢箪山ルートは、残雪期歩きでしが、中宮山〜大瓢箪山間が新しく登山道整備された。また瀬波林道・ナメリ谷からやどみ尾展望ルートも新設され魅力的なルートになりました。この日は、金沢市25.8℃ 富山八尾町25.5℃ 南砺市高宮26.5℃真夏日となり、アップダウンを繰り返す登山道は、暑い山歩となりました。
2018年4月1日中宮発電所から山毛欅山1365m登った時、中宮山ー大瓢箪山・大笠山見ながら下り道、尾添川・雄谷ー大瓢箪山の景色が印象的でした。



瀬波林道・ナメリ谷ルート登頂記録:2022年11月 3日・・・・・・・・・



   

1538m展望台から見た大笠山



   

1538m展望台から見た笈山



   

牛首展望:中宮山〜大瓢箪山ルート・大笠山・笈山



   

1300m黄葉前線


 

中宮山からの百四丈滝・四塚山・白山展望




 

ブナ林歩き


       

笥笠(すがさ)中宮神社


白山山頂と本宮(白山比盗_社)の中間に位置していたことからかつては、「笥笠中宮}と呼ばれていました。中宮三社の一つ
加賀禅定の事実上の起点で、白山信仰の中心的な宮として本宮をしのぐ大勢力でした。幹周り9.1m 樹高30m七葉樹(トチノキ)や桂(中心が空洞になっているが側枝が成長して樹高約24m 幹周約6.8m)市指定天然記念物


参考:林道高倉線は、標高600m付近道路凹凸あり、徐行運転また三角点829m手前、右路肩陥没あります注意して通過してください。新中宮温泉センターは、温泉設備の不具合により、現在休館中です。ご利用場合ご確認下さい。




 

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。 (承認番号 平24情使 第162号 )



参考文献:石川県の山(山と渓谷社)、白山比盗_社HP