笑顔と感動に出会う旅

高賀山 2015年 4月12日 岐阜 高賀山 1224.2m


「秀でて高き故にまためでたい」と意味で高賀山「こうかさん」 今回で高賀三山達成!
登頂ルート:岐阜・関市洞戸高賀登山口標高460m−力石ー東屋ー木地師敷跡ー七曲ー岩屋ー御坂峠「みさかとうげ」標高1075m−800m−高賀山標高1224.2m−御坂峠ー峰稚児「みねちご」神社ー登山口

山頂は、満員御礼状態、駐車場40台「名古屋・岐阜ナンバー」
                           

峰稚児「みねちご」神社は、高賀神社の奥の院として多くの修験者が訪れた。円空による雨乞いの祈祷が行われた場所。御坂「みさか」峠より300m


登頂記録:2014年4月16日瓢ヶ岳「ふくべがだけ」・今淵ヶ岳「いまふちがたけ」2山登頂
                       

岩屋:自然の岩石が重なり合って出来た洞窟 間口約4m 奥行約5m 昔は、ここに岩屋不動が祀られていた
山頂まで約1400mの表示。この地点から「右への→」指示表示見落とし、そのまま直登30分間迷走登山
「迷ったら戻る判断」再確認しました


春の花の共演
                         

高賀神社 別名高賀山大本神宮 岐阜県関市洞戸高賀
昔は、高賀山大本神宮大行事神社として祭りごとをしていた。奈良時代「養老年間」の創立から平安時代「天暦年間」吉野時代「慶安年間」徳川時代「安永年間」と3回再建がなされています


ハルトラノオ:「クリンユキフデに似てるが、葉が茎を抱かない」
                                                     
                                                     

本殿は、約280年前 左に祀られている八幡神社は、約330年前に建立された 本殿の扇には、三種類の紋章
「剣花菱・五七の桐・十六菊」


「さるとらへび伝説」:藤原高光は、高賀神社で七昼夜悪魔退治の祈願して 頭はサル 身体はトラ 尻尾はヘビの形をした身の寸 3メートル 妖魔の背中に飛び乗り退治した伝説
                                                         


                 

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)、及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。 (承認番号 平24情使  第162号)