笑顔と感動に出会う旅

岡山路の春


2015年3月1日〜3日 広島・尾道市ー岡山・後楽園・吉備津・牛窓


                                               


岡山藩主池田綱政公が、1687(貞享4)年 津田永忠に命じて着工して1700(元禄13)年に完成し、その後も藩主の好みで手を加えられて、江戸時代の姿を残す庭園
江戸時代を代表する大名庭園「日本三名園」
水戸市 偕楽園  金沢市 兼六園 岡山市 後楽園
                                                 

 <岡山城>
宇喜多秀家が、1597(慶長2)年 3層6階の天守閣を落成した後・小早川秀秋ー池田忠継ー明治維新に廃城となり
昭和20年の岡山空襲で、天守閣・石川門が焼失し 月見櫓と西手櫓が現存し、昭和41年天守閣が復元された
場内に残る石垣には、野面(のづら)積み・・・・自然石を積み上げた工法  打込接(うちこみはぎ)・・・・打ち出した石で、ていねいに積み上げ工法 が観察出来、築いた時代が解かります。

                                                         
  岡山城・月見櫓・国指定重要文化財
 月見櫓は、本丸を構成する 一、二、三(ひふみ)の段の二段目に当たる
 中の段北西角を固める隅櫓「すみやぐら」 1620(元和年間から寛永年間)年代に建てられた


                                                     
  吉備津神社
吉備文化の基礎を作られた吉備津彦もほか8社御祭神を祀る山陽道屈指の大社
比翼入母屋造り(吉備津造り)の勇壮な社殿、国宝拝殿・本殿、重文御竃殿、木彫狛犬

                                             
                                             


                                           
大平山261.3mから見た邑久(おく)町虫明・かき養殖場・小豆島展望

  日本の朝百選・虫明迫門の曙
                                         
 素敵な日の出を見る事が出来ました。「虫明迫門の曙(むしあげせとのあけぼの)虫明湾、長嶋と鴻島の間その先の大多府島、頭島の間から出る朝日です。「感動、感動の一言

オリーブ園から見た前島と小豆島風景 この景色こそ、「日本のエーゲ海とも言われている場所」
                                                 
江戸時代には、朝鮮通信使の寄港と栄えた牛窓町を眼下・青い海に浮かぶ前島・小豆島
1942(昭和17)年服部和一朗が牛窓の丘陵地にオリーブ樹を植樹した。 10ha約2000本を栽培している
                                                   
牛窓神社「床組が高く堂々たる社殿
屋根は、千鳥破風付(ちどりはふつき)入母屋敷(いりもやづくり) 檜皮葺(ひわだぶき)
正面三間 側面二間 正面一間に向拝をつける建物