笑顔と感動に出会う旅

晩秋の十石山


 
  2015年10月18日大展望と紅葉を求めて十石山2524.9m(8月23日ホワイトアウト展望の為リベンジ)

             

今回は、地元山岳会山仲間6名で、長野県・松本市安曇 白骨温泉登山口から十石山2524.9mを歩きました
<今回ルート>
朝5時集合の予定だったが、道を間違えて隣町へ行った仲間のお陰で30分遅れの出発:福光ICー東海北陸道ー高山ーR158−県道白骨温泉線ー白骨温泉ー林道ー登山口8時15分頃出発ー十石山2524.9m12時頃
展望台1時下山開始登山口3時40分到着
<十石山とは>
穂高連峰の展望台の山は、徳本峠から登る霞沢岳標高2646m「日本二百名山」知られている その後に位置する十石山標高2524.9m存在が薄く訪れる登山者が少ない。それだけに穂高連峰の展望を静かに満喫できる山その上、下山後に歴史をもつ武田信玄の「隠し湯」として愛用した名湯・白骨温泉で時間を忘れ、ゆったりと過ごせる山が十石山である。
<十石山の由来>
この山から10の国が見渡せるからという説(山頂から見る風景を見ると感じる)と山麓の街道を通って毎日10石の米が運ばれた十石峠(十石山)という説 山頂の避難小屋の名前が十石峠避難小屋の名残が残っている。

                                                 
                                                 


<十石山からの展望>
西穂高岳・間ノ岳・奥穂高岳から吊尾根前穂高岳・明神岳
焼岳・笠ヶ岳・抜戸岳・双六岳・水晶岳・野口五郎・槍ヶ岳
霞沢岳の後方に横通岳・常念岳・蝶槍・蝶ヶ岳
蓼科山と八ヶ岳連峰・中央アルプス・南アルプス・富士山
乗鞍岳剣ヶ峰・朝日岳・摩利支天岳・四ツ岳
白山連峰

 
           


少し寒かったが、時間を忘れてゆっくりと山座同定を楽しみました。8月23日ホワイトアウト展望と季節はずれの寒さで、下山今回のリベンジ登山 青い空・山展望・1000m〜1500m付近の紅葉素敵な登山になりました。
同行の山仲間と山の神に感謝したい。

                                       


<紅葉の見ごろ>
18日現在・標高1000m〜1500m付近が見頃です。ほおのき平スキー場・平湯峠・安房峠・アカンダナ山・白骨温泉付近がとても素敵な紅葉を見る事が、出来ます。
<立ち寄り湯>
白骨温泉:媒香庵(ばいこうあん)源泉100%掛け流し湯
泉質炭酸水素塩泉39℃ PH6.41  午後5時まで  大人700円
注意:石けんのみ  シャンプ有りません