笑顔と感動に出会う旅

青葉山東峰



2015年12月20日「若狭富士」と呼称される青葉山693m

福井県高浜町と京都府舞鶴市との境界にある東西に並び立つ双峰が一つに重なる秀麗な山姿


                    

<今回の登頂ルート>
中山寺P標高84m−中山登山口標高130mー高野登山道分岐ーテレビ中継所ー高浜海岸・白山連峰展望所ー金毘羅大権現(青葉神社前宮)−馬ノ背の大岩(高浜町・舞鶴湾)展望ー青葉山東峰標高693m

参考:中山寺ー1.2km−高野合流点ー0.8km−展望台ー1.2km−東峰ー0.6km-西峰ー0.3km−今寺合流点ー1.2km−松尾寺ー巡礼古道(80分)ー今寺熊野神社ー上成の大岩ー高野・瑞光寺ー中山寺
登山口駐車場は、青葉山健康長寿の里ハーバルビレッジ登山者専用駐車場又は施設内の駐車場は、8時30分〜17時30分まで使用出来ます。(旧青葉山青少年旅行村2015年4月変更)

                                   

<青葉山>
今から400万年程前の火山爆発によってできた曲型的なコニーデ式火山 白山火山帯に属する死火山
ほぼ同じ高さの西峰と東峰を頂点としその中間の尾根は吊り尾根となっており細くて鋭いナイフエッジ状の岩盤や岩峰からなっている青葉山は火山岩及び火山砕屑岩からできており現在の地形は浸食によるものである
岩塊の岩質は凝灰角礫石〜火山角礫岩(黒っぽい大小さまざまな安山岩の角礫が密集して固まったもの)の厚層
泰澄大師が開山以来、行者達の厳しい修行の場らしく岩室・大岩越えやクサリ場が残っている
南東の山麓(福井県高浜町)には、馬頭観世音菩薩を祀る中山寺があり、また南西側の中腹(京都府舞鶴市)には、西国三十三ヶ所霊場の二十九番礼所の松尾寺(ご本尊は、馬頭観世音菩薩坐像、真言宗醍醐派)がある

<参考>本光山馬居寺(ほんこうざんまごじ)聖徳太子によって創建されたと伝えられる 若狭最古の寺 ご本尊は、馬頭観音菩薩坐像 平安時代の後期作 国の重要文化財 25年一度ご開帳される数百体の地蔵群や踏むと縁起がよいと言われる扇石)北陸観音霊場の第2番礼所 若狭観霊場の第30番礼所

                                                         
                                                         

<展望>
展望台からの高浜の海岸や敦賀半島・越前岬・白山連峰 馬ノ背からは、高浜町や舞鶴湾 東峰からは、舞鶴湾や丹波の山々が見える
今回は、標高450m付近から残雪と雪解けで、登山道状態が悪いので東峰まで。東峰から西峰経由巡礼古道コース中山寺は、2016年11月13日登頂・・・・・青葉山・音海遊歩道

<若狭三山>青葉山・多田ヶ岳・飯盛山(2016年度に若狭三山登頂予定)

<青葉山撮影場所>
高浜町和田海水浴場・はまなす公園P, 安土山公園P、若狭和田マリーナPと若宮海岸


                                   

<青葉山 中山寺(真言宗 御室派)>
聖武天皇の勅願により736(天平8)年、泰澄大使が創建したと伝えられる 泰澄大使が719(養老3)年に白山比盗_社の分霊を移したのが始まりとされている
桧皮葺きの本堂と馬頭勧世菩薩の本尊ともに国指定の重要文化財
ご本尊は、33年毎に開帳される最近では、平成22年5月〜平成24年5月に渡って開帳されていた
平成40年に中開帳されるのではないか?
山門には運慶の長子・湛慶の作 金剛力像1体(鎌倉時代・国の重要文化財)
平常拝む前仏の観音は、1798(寛政10)年 小浜仏師林勝政・庄助親子作
北陸観音霊場の第1番札所
北陸白寿観音霊場の第1番礼所
若狭観霊場の第33番礼所


<トイレ・休憩・お土産施設>
杉津PA(上り:米原方面)・・・おいしいメロンパン 7時より〜
若狭フィッシャマンズワーク・・・お土産 電話0770−52−3111 4月〜11月8時30から12月〜3月9時〜17時
小浜水産食品センター(若狭フィッシャマンズワークの前・道路横断注意)・・・お魚・お土産 電話0770−53−1530
敦賀・昆布館・・・お土産  電話0770−24−3070  9時〜17時まで
シーサイド高浜・・・道の駅(案内所)レストラン・湯っぷる(日帰り入浴)10時より 電話0770−72−6666

<立ち寄り湯>
道の駅シーサイド高浜「湯っぷる」露天風呂・桧泡風呂 大人700円 10時より 電話0770−53−1530
*今回は、10時から下山するまで奥様を「湯っぷる」で、休憩とお風呂を楽しんでいただきました

参考:ゆったり温泉あみーシャン大飯 野内展望温泉¥300 11時―21時 電話0770−77−3410
   :みかた温泉きらら湯 ¥650 10時〜 電話077045−1126

<参考資料>
若狭高浜観光協会・松尾寺&中川寺HP・小浜山の会
「登ってみね福井の山VOL7」・・・福井山歩会
白山眺望登山・・・金沢ナカオ山岳会
越前・若狭・魅力の日帰り40山・・・北国新聞社
福井県の山・・・山と渓谷社
福井市自然史博物館研究報告「青葉山の岩屑なだれ堆積物と山体崩壊」より