笑顔と感動に出会う旅

順尾山・大倉山


2013年5月19日 石川・富山県境 順尾山(ずんのおやま)883m 大倉山1004.6m


                                               
                                               




 <今日の登頂ルート>

標高805m登山口P−上順尾山836.3mー順尾山標高883m−奥高尾山分岐ー大倉山標高1004.6m

ー赤堂山・中河内(なかのこうち)分岐ー標高988m中河内・赤堂山分岐ー大倉山分岐ー高三郎山・大門山展
望広場

<登頂記録>
2011年11月4日中河内(なかのこうち)−大倉山・赤堂山分岐標高988m−赤堂山標高1059m
「福光・城端・福野山岳会合同登山道整備作業」

                                 




<道案内>

金沢湯涌福光線(県道10)−横尾集落ー林道順尾山線ー7km−登山口広場標高805m

                               



<ショウジョウバカマ>

能楽に出てくる「猩々・(しょうじょう)」の赤い髪「赤頭」を想像させるので付けられた。中国では、猿に似た顔は赤くて

酒付きの想像上の動物を指し 格調高い姿をした霊獣とされている

                               



 <塩硝培養法に用いられた材料>

*ほろほろした上田土、麻畑土

*ヒエ、タバコ、ソバがら

*シシウド(サク)、ヨモギの干し草

*カイコの糞


五箇山の塩硝は、1570〜1580年の織田勢との戦いにも使われていた。鉄砲が、伝来してからわずか30年も

経たない時にすでに塩硝作りが行われていた

                                 




 次回は、浅犀みくまりの道で順尾山ー奥高尾山ー吉次山へ挑戦