笑顔と感動に出会う旅

ルーヴル美術展・知恩院



2015年9月21日 ルーヴル美術館展「京都市美術館」・知恩院


 

<ルーヴル美術館展:6月16日〜9月27日 京都市美術館>
日常を描くー風俗画に見るヨーロッパ絵画の真髄16世紀初頭から19世紀半ばまでの3世紀半にわたる絵画80点

<風俗画とは>
農民や労働者の日々の営み・男女の恋愛模様・母と子の姿や家庭生活 「鏡の前の女」 「身づくろいをする若い娘」 「物乞いの少年」 「蚤をとる女性」 「農民の食事」 「鹿狩り」 「お茶の時間」 「割れた水瓶」など

<日本初公開>
17世紀オランダ絵画を代表するフェルメールの円熟期の傑作 「天文学者」

<今回の交通アクセク>
北陸道ー彦根IC−彦根駅駐車(1日900円)−JR京都駅ー地下鉄鳥丸御池駅乗り換え東西線「東山駅」10分徒歩
地下線東西線・東山駅ー山科駅ーJR山科駅ー彦根駅ー彦根ICー北陸道:「次回は、JR山科駅経由地下鉄東西線」
*降りるドアがすぐわかる:京都市地下鉄便利マップ 「ドアちか」が便利です。

<美術展のお知らせ>
名古屋市美術館10月3日〜12月13日 英国の夢 ラファエル前派展
名古屋市ボストン美術館9月19日〜2016年2月21日ヴェネツィア展 魅惑の都市500年
東京都美術館9月19日〜12月13日マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展 90点
国立国際美術館「大阪中之島」10月10日〜12月27日クレオパトラとエジプトの王妃展
神戸市立博物館9月20日〜2016年1月11日大英博物館展ー100のモノが語る世界の歴史
富山県水墨美術館10月9日〜11月8日旅に生きた水墨画の巨匠たち 雪舟から等伯へ
富山県立近代美術館9月19日〜11月23日第11回世界ポスタートリエンナーレ トヤマ2015

                                                 
                                                 


<知恩院:正式名称 華頂山知恩教院大谷寺>
浄土宗の開祖 法然上人(1133(長承2)年〜1212(建暦2)年)がお念仏の教えを広め、80歳で入寂された遺跡に建つ寺院
「南無阿弥陀仏」と称えれば誰もが救われる、身分や能力、男女を問わず、一心に念仏を称えればみな極楽浄土に往生できるという教え

<知恩院の歴史>
江戸時代・浄土宗を信仰した徳川家康公が、当寺を京都における菩提所と定めたことから寺領が拡大され、現在の大伽藍が築かれました

<三門 「国宝」>
1621(元和7)年、徳川秀忠公が建立 高さ24m 幅50m 日本最大の木造二重門 「空門」 「無相」 「無願門」を表すことから三門といいます

<大鐘楼 重要文化財>
大鐘は、高さ3、3m 口径2、8m 重さ70トン 1636(寛永13)年に鋳造され日本三大凡鐘の一つとして知られている
僧侶17人がかりで撞く除夜の鐘は、京都の冬の風物詩として有名

<方丈庭園:僧玉淵によって作成された池泉回遊式の庭園>

<友禅苑:友禅染の祖 宮崎友禅斉ゆかりの庭園 池泉式庭園と枯山水で構成され 補陀落池に立つ高村光雲作の聖観音菩薩像>