笑顔と感動に出会う旅

蓼科山



 2014年9月21日百名山・蓼科山ー北、南横岳ー双子山周回
   蘚苔類(コケ類)の世界と神秘的な湖に囲まれた北八ヶ岳


                                               

    女神湖、白樺湖、霧ヶ峰、影蓼科山


八ヶ岳中信高原国定公園 大河原峠標高2093m霜が降りた寒い朝でした
  
<今回の蓼科山・横岳・双子山周回登頂ルート>
大河原峠P標高2093m−将軍平・蓼科山荘標高2350m−蓼科山標高2530m−将軍平ー竜源・天祥寺原分岐
ー天祥寺原ー亀甲池ー北横岳ー南横岳ー亀甲池ー双子池標高2030m−双子山標高2224m−大河原峠

 <蓼科山の登山口>
*竜源橋ー天祥寺原・将軍平、蓼科山荘分岐ー蓼科山
*御泉水7合目 一ノ鳥居ー将軍平、蓼科山荘ー蓼科山
*女乃神茶屋ーP2113m−蓼科山頂ヒュッテー蓼科山

                           

蓼科山頂は火口跡 ほぼ真ん中に蓼科神社奥宮の祠  西側に方向盤、見晴台

 蓼科山周辺の人々は、蓼科山を「諏訪富士」と呼んでいる


         

将軍平、蓼科山荘見た蓼科山            蓼科山 頂上からの赤岳2899m南八ヶ岳最高峰



                   


  <蓼科山・山座大展望>
南アルプス北部(鳳凰三山、北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳) 中央アルプス、御嶽山、乗鞍岳
奥穂高、槍ヶ岳、水晶岳、立山、剣岳、鹿島槍 白馬岳


                                                 

北横岳北峰標高2480mから望む優美な蓼科山

山姿が美しいので、別名「女の神山」と呼ばれるにふさわしい山
アララギ派の歌人 伊藤左千夫 
「信濃には八十(やそ)の高山ありといへど女(め)の神山(かみやま)の蓼科われば」と讃えている
                                                   
                                                   

北横岳北峰、南峰山頂は、ピラタス横岳ロープウェイで標高2237mまで7分で運んでくれる 
山頂駅から70分で頂上 家族やグループ登山者で大賑わい
                               

蓼科山頂ヒュッテ付近からの縞枯れ現象  亀甲池から北横岳北峰は苔ロード


 <亀甲池 標高2035m>
湖底に美しい模様の亀甲状の砂礫がある事から名が付いた 火山活動による溶岩流によって塞ぎ止められた窪地に湧き水がたまって出来た湖

 <足元ご注意>
亀甲池から双子池ルートは、湿地や露出岩などがあり 雨や梅雨時期歩き足元注意です

針葉樹林が帯状に枯れてできる縞枯れ現象 本州中部では、北八ヶ岳が最も有名
亀甲池付近から双子池までの針葉樹林の森は、苔が一面に覆いつくす世界
「もののけ姫」の一場面に出てくるような森が広がります
 <北八ヶ岳苔の会>
青苔荘、白駒荘、高見石小屋、麦草ヒュッテ、南佐久北森林組合などが、苔の観察会を主催実施してます
予約制です 詳しい内容については、各小屋・森林組合に ご確認ください

                                           


八ヶ岳では、約500種の苔が見られる
 苔植物は、セン類(地面から直立) タイ類(地面をはう)ツノゴケ類の3つに大別される
 苔は、根がなく 仮根で土や岩に固定している
*ミヤマクサゴケー倒木や木の根などマット状の群落を作る中型のコケ
*タチハイゴケー環境により立ったりはったりする大型のコケ
*イワダレゴケーふかふかのマット状の大型ゴケ羽状に分岐した枝が階段状になっている
*フウリンゴケー胞子体が風鈴のように下向きにつく小型のコケ
*カギカモジゴケー樹幹上に黄緑色の半球上の群落を作る小型のコケ
*ムツデチョウチンゴケー胞子体は1本の茎に数本つく 日本特産の種類
*ヨシナガムチゴケー二又状に分岐し、茎の腹側からムチ状の枝を出す




               

雄池の水は、双子池ヒュッテの飲料水に利用  雌池付近にはキャンプサイトなどがあり、雌池の水は飲み水として利用出来ない


  双子池伝説 「お染、与七朗の悲恋物語」
 昔 地主の息子与七朗と作男の娘、お染は恋中であった
これを知った地主は、お染親子を村から追い出し、与七朗に結婚話を勧めた。
ちょうどその頃、雨不足で大飢餓となり 双子龍神に人身御供を捧げる事になったが 名乗り出る者がなく雨不足が続いた。
これを知った与七朗は、ある夜 恋しいお染の名を呼びながら雄池に身を投げた
それを聞いたお染も与七朗を慕って 隣の雌池に身を投げてしまった
それ以後、雨が降り飢餓から解放されたが、 年に一度増水して二つの池が一つになる
これは、与七朗とお染の愛の絆であろうという伝説

                             

   セイタカスギゴケ            双子山は南北に長い平らな山 


                                                             

やっと登攀から開放され今日のルート展望 右 浅間山 左蓼科山、北横岳、大岳 

ゆっくり、のんびり ありがとう  感謝の合掌