笑顔と感動に出会う旅

2022年気象現象


2022年気象現象
2022年1月1日
                                                                 

2022(令和4)年  月の満ち掛け
                                     

2022年 木運太過 干支壬(ジン)  地支(十二支:歳支)寅(トラ)


旧暦
新月●
上弦
満月○
下弦
 1月
2月  1日
2月 8日
2月17日
2月 24日
 2月
3月  3日
3月10日
3月18日
3月 25日
 3月
4月  1日
4月 9日
4月17日
4月 23日
 4月
5月  1日
5月20日
5月26日
6月 2日
 5月
5月 30日
6月 7日
6月14日
6月21日
 6月
6月 29日
7月 7日
7月14日
7月20日
 7月
7月 29日
8月 5日
8月12日
8月19日
 8月
8月 27日
9月 4日
9月10日
9月18日
 9月
9月 26日
10月 3日
10月10日
10月18日
10月
10月 25日
11月 1日
11月 8日
11月16日
11月
11月 24日
11月30日
12月 8日
12月16日
12月
12月 23日
12月30日
1月 7日
1月15日

2023年旧正月1月22日



2021年(令和3)年 春 夏 秋 冬 季節の変化がわかります



新暦
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
旧暦
2月 1日〜4月30日
5月 1日〜7月28日
7月29日〜10月24日
10月25日〜23年1月21日
















客主加臨:六節季(主気)ごとに、年毎に異なる六気の性質を持つ気象状態が加わって気象が生じるとする考え方



司天/在泉
主気(正常な流れ)
客主加臨
交司時刻
少陽相火
厥陰風木
初気 少陰君火
大寒日から春分日まで(1月20日〜3月21日)
少陽相火
少陰君火
二気 太陰湿土 
春分日から小満日まで(3月21日〜5月21日)
少陽相火
少陽相火
三気 少陽相火
小満日から大暑日まで(5月21日〜7月23日)
厥陰風木
太陰湿土
 四気 陽明燥金 
大暑日から秋分日まで(7月23日〜9月23日)
厥陰風木
陽明燥金
五気 太陽寒水
秋分日から小雪日まで(9月23日〜11月23日)
厥陰風木
太陽寒水
六気 厥陰風木
小雪日から大寒日まで(11月23日〜1月21日)







2022年の流れ:上半年は・・・・ 下半年は・・・・・


上半年は、下半年は、 少陽相火司天・厥陰風木在泉の年は、




2022年の流れ
2022年気象と身体の変調
初気
少陰君火/少陽相火
 気温が高く 草木は早く成長する
二気
太陰湿土/少陽相火
 暖かい日が多い
三気
少陽相火/少陽相火
 暑い日が続いて 少雨になる
四気
陽明燥金/厥陰風木
 気温差のある日が続く
五気
太陽寒水/厥陰風木
 雨が降るごとに寒さを感じる気候
六気
厥陰風木/厥陰風木
 冬の訪れが早い








富山の気象概況(富山地方気象台発表資料)
1月
上旬:冬型の気圧配置や寒冷前線の影響で曇りや雪又はみぞれの日が多くなりました。
中旬:冬型の気圧配置となり雪や雨の日が多くなりました。13日・18日冬型の気圧配置が強まり大雪となりました。
下旬:湿った空気などの影響で曇りの日が多くなりましたが、後半は冬型の気圧配置となりみぞれや雪の降った日がありました。
月平均気温平年に比べ低くなりました。 月降水量平年に比べ少なくなりました。月間日照時間平年並み
2月
上旬:気圧の谷や冬型の気圧配置の影響で曇りやみぞれまたは雪の日が多くなりました。
中旬:冬型の気圧配置や低気圧の影響で曇りや雪または雨の日が多くなりました。
下旬:21日〜23日冬型の気圧配置となり22日大雪となった所もありました。後半は、湿った空気や寒気の影響で変わりやすい天気になった。
北陸地方15日に春一番 23日富山最深積雪50p 高岡伏木54cm 金沢22日37cm
月平均気温は、平年より低くなりました。 月降水量平年に比べ多くなり、月間日照時間は、平年に比べ少なくなりました。
3月
上旬:高気圧に覆われて晴れた日が多かったが、5日〜7日冬型の気圧配置や前線の通過で、みぞれや雨の降った日があった。
中旬:低気圧や寒気の影響で曇りや雨の日が多くなりました。
下旬:天気は、数日の周期で変わりました。26日前線を伴った低気圧が発達しながら日本海を東北東に進んだので、県内は、昼前から強い風が吹いた最大瞬間風速
八尾南南西35.7m 富山南東30.6m 小矢部市9棟を焼く火災 鉄道、航空、高速道路など交通機関に影響した。建物の破損 トラックの横転 倒木・電柱の倒壊
月平均気温      月降水量     月間日照時間は、
4月
上旬:
中旬:
下旬:
5月
上旬:
中旬:
下旬:
6月
上旬:
中旬:
下旬:

7月
上旬:
中旬:
下旬:

8月
上旬:
中旬:
下旬:

9月
上旬:
中旬:
下旬:
10月
上旬:
中旬:
下旬:
11月
上旬:
中旬:
下旬:
12月
上旬:
中旬:
下旬:



令和4年暖候期予想(2022年2月 25日 新潟地方気象台発表)
6月から7月は、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。その後晴れた日が多いでしょう。気温は高く、降水量平年並み

令和4年寒候期予想(2022年9月  日 新潟地方気象台発表)






令和3年(2021年)冬(12月〜令和4(2022年)2月の天気経過・・・・3月1日 新潟気象台発表

12月:下旬を中心に強い寒気が流れ込んで、冬型の気圧配置となり大雪となった所があった。
このため月降水量、月降雪量ともに平年より多くなりました。

1月:上旬から中旬にかけては、寒気が流れ込みやすく月の気温は低くなった。ただ冬型の気圧配置は長く続かず、平年に比べ曇りや雪または雨の日が少なく月の日照時間は、多くなった。月降水量・月降雪量は少なかった

2月:上旬、下旬を中心に冬型の気圧配置が強まり、気温は平年より低く 降水量は多くなった。新潟県津南では
24日に最深積雪419pの積雪、23日富山市最深積雪50cm、高岡伏木54cm、22日金沢37cm 平均気温は、富山3,4度、高岡伏木3.4度 平年値より下回った。北陸地方に2月15日春一番



令和4年(2022年)今春(3月〜5月)天気経過・・・6月1日 新潟気象台発表














令和4年(2022年)夏(6月〜8月)の天気経過・・・・9月1日 新潟気象台発表















令和4年(2022年)秋(9月〜11月)の天気経過・・・・12月1日  新潟気象台発表










参考文献:富山地方気象台 新潟地方7気象台 気象庁 内経気象学入門(緑書房) 旧暦と暮らす(ビジネス社) 日本の七十二候を楽しむ(東邦出版)