笑顔と感動に出会う旅

上越・高田公園&春日山城跡



 2015年7月20日「海の日」 新潟・上越市高田公園&春日山城跡を訪ねました

 高田公園は、1611(慶長19)年、松平忠輝公の居城として築かれた高田城

 春は三大夜桜のひとつに数えられ、夏は東洋一と言われる蓮を楽しむ事が出来る

 蓮は公園の外掘り(南掘・西掘・北掘)約19ヘクタールを埋め尽くすほどに咲き誇る

 
                           
 
 <蓮のお話>
1871(明治4)年、戸野目の大地主保坂貞吉が、高田城外掘にハスを植えレンコンを売って藩の窮状を救おうとしたのが始まりです。ハスの種類は、ほとんどが紅蓮「こうれん」で部分的に白蓮「はくれん」もまじります
1つの花の開花期間は4日間と言われています
1日目 午前5時頃から開き始め わずかに開いて午前8時頃に閉じる
2日目夜中から開き始め 7時〜9時頃におわん形に開き、昼頃には閉じる
3日目夜中から開き始め10時頃に完全に開き、午後は、少し閉じ、半開きになる
4日目夜中から開き始め午前中に散り始め、午後も開いている花は、その日が最後の日になり、なくなり花托
 高田公園内 掲示板より

 <ご案内>
第36回 上越蓮まつり 「凛と咲く、東洋一の蓮の楽園」
2015年7月24日(金曜日)から8月16日(日曜日) 場所 新潟県上越市高田公園



春日山城跡「国指定史跡」めぐり
上杉謙信公の居城として知られる春日山城は、今から600年程前の南北朝時代に築かれたと言われており、越後府中(直江津)を守る拠点であった。
その後、謙信公の父為景、謙信、景勝の三大にわたり、現在見られる城郭になったと考えられる
春日山は、別名蜂ヶ峰とも言われ標高180mに自然の地形を活かした郭、空掘「尾根を掘って作る人工的な凹地」や
土塁「どるい:土を盛って作った障壁」や大井戸など本丸跡から山裾まで連続する屋敷跡群と裾野に巡らされた総延長1200メートルの総構え「通称 監物堀「けんもつほり」である
「案内掲示板より」

 
春日山神社

本丸・天守台跡からの眺望  「日本海・米山」
今回は、春日山神社ー千貫門ー直江屋敷ー毘沙門堂ー護摩堂ー本丸・天守台ー春日山神社ルートを歩きました
他・・大手道コース、謙信公コース、千貫門コースなど好きなコースを選らんで散策できる

<今回の立ち寄り湯>
糸魚川市 焼山温泉清風館¥500    「鉾ヶ岳が呼んでいる」