笑顔と感動に出会う旅

銀杏峰


2013年5月5日 春の花&展望を楽しめる親水古道(中島ルート)で銀杏峯(げなんぽ)標高1440.7m


                                       



P1314から銀杏峯登頂ルート
山頂から白山連峰・荒島岳・能郷白山・姥ヶ岳山座展望&大野盆地


                               

カタクリ「別名カタカゴ」:カタクリの実は、いがの中にある1つの栗の実に似ている。栗の実が1つだから「片栗」という
ミヤマカタバミ:葉が3小葉で花びらには紫色の筋が入っている 日が陰ると葉を折り畳み片側が食べられた様になる


                             



<銀杏峯登頂記録>

2001年11月11日 宝慶寺(鉱山跡)ルート

2011年10月16日 いこいの森・名松新道ルート


スミレサイシン:葉のへりが内側にめくれる。サイシン「細辛」とよび根が細くて辛いから

キクザキイチゲ:キク科ではなくキンポウゲ科だが花びらがキクのような形で、1つの花を咲かせるので「イチゲ」という



                           




ヤマエンゴサク:延胡索(えんごさく) 漢方薬の名前で、生理痛、鎮痛、浄血などに薬効

ミヤマキケマン:「キ」は、花が黄色だから、「ケマン」は、仏像の装飾の1つでうちわ形にぶらさがった装飾に似ていると言う事で名前が付いたが似ていない。