笑顔と感動に出会う旅

扇山の春






2016年 3月27日 扇山・福寿草自生地周回


1965(昭和40)年1月1日 富山県・天然記念物「ほう谷の天然福寿草自生地」に指定された(「ほう谷」の「ほう」は、「木へんに邦」と表記します。)

                      

<今回の散歩道>
朝8時から村内の江浚い:終了後、ゆ〜ゆうランド・花椿(南砺市井口体験センター)に奥様を一時預かりと駐車−丸山遊歩道ー林道赤祖父線ー旧登山道(自生地表示板)−福寿草自生地ー扇山登山道合流ー扇山登山口ー丸山496mーゆ〜ゆうランド・花椿

*福寿草自生地 南砺市川上中柳谷島 北緯36度30分55 東経136度57分08


                 
                           


<福寿草 別名元旦草>
キンポウゲ科に属する多年草 雪解けとともに若芽を出し可憐な黄金色の花を咲かせる
春を告げる草「福告ぐ草」と江戸時代に使われていた その後”おめでたい”の「寿」に替えられて「福寿草」になった。
元来北方系で、北海道から九州まで自生しているが北陸地方では稀 富山県では、数か所しかない、福井県勝山市北谷に福寿草自生地あります
福寿草の山&場所
三重県:藤原岳 滋賀県:霊仙山 長野県木崎湖畔(国道148号&市道沿いの土手))居谷里湿原


                 
                 




                                                             
                                                             




     

                                               





<参考資料富山県南砺市教育委員会 野草の名前(山と渓谷社)