笑顔と感動に出会う旅

桜の寺・三井寺


2015年4月5日 桜の三井寺&海津大崎の桜を楽しみました。
<日程>
北陸道ー名神・大津ICー三井寺ー湖西道路(162号)−マキノ町ー海津大崎(県道西浅井マキノ線)−大浦ー菅浦ー
奥琵琶湖パークウェイーつづら尾崎展望台―8号ー敦賀ICー北陸道

                                                 
   園城寺(三井寺)の仁王門(大門)
天台宗門宗の総本山・長等山園城寺と称し、7世紀に天智天皇ゆかりの寺として創建されました。
三井寺の名称は、天智・天武・持統の三天皇が産湯に用いられたという湧水(三井の霊泉)があり、「御井の寺」と呼ばれたことに由来します。

                                                   
本堂・金堂(国宝)1599年豊臣秀吉の正室北政所により再建された。


                                                     
         三重塔・唐院


                                                     
1602年に建立された鐘楼 近江八景「三井の晩鐘」として有名

 <参拝順路>
仁王門ー釈迦堂ー金堂ー鐘楼ー閼伽井屋ー一切経蔵ー唐院ー微妙寺ー毘沙門堂ー西国十四番札所・観音堂ー水観寺ー護法善神堂

金堂ー村雲橋ー微妙寺桜並木は、小雨の影響なのか、時間帯の影響なのか、ゆっくりとお花見出来ました

2014年10月に開館した三井寺文化財収納庫 狩野光信の襖絵39面・十一面観音立像など53点収蔵展示されています今回は、無料

                                                     
三井寺広報僧 「べんべん」さん ほら貝を吹くよ!

 「日本のさくら名所100選」にも選ばれている滋賀・高島市&長浜市 海津大崎の桜

                                                     
 湖タクシーよる桜見物  15分1000円  40分2000円で素敵な海上花見


                                                       
    海上花見風景


                                                       
    桜並木歩き

昭和11年大崎トンネルの開穿と湖岸道路の開通記念として植えられた桜 延長3.5kmの桜道

                                                         
  青い湖畔と青い空そして桜を求めて、もう一度


                                                         
     5分咲き海津大崎

 奥琵琶湖国定公園
海津大崎から奥琵琶湖パークウェイにかけて約23km約3800本の桜並木が楽しめます
つづら尾崎展望台からの琵琶湖・竹生島と桜のコントラスト

                                                       
奥琵琶湖パークウェイ つづら尾崎展望台から見た菅浦地域・海津大崎
菅浦集落:かくれ里としてまた中世の惣村でもあり歴史のある集落またヤマザクラ・ヤマベニシダレ・オオシマザクラ・
カワツザクラ・コヒガン・ヤマザクラ・ソメイヨシノ・キンキマメザクラ・カンザンなど多数の桜を見る事が出来ます
 奥琵琶湖パークウェイ 県道つづら(葛籠)尾崎大浦ーつづら展望台&県道つづら(葛籠)尾崎塩津線ー月出ゲート方向一方通行 (夜間通行止午後8時〜午前8時)
今回は、つづら展望台から月出方向土砂崩れの影響で通行止め翌日4月6日から通行可能になりました。
 次回は、晴れた日に訪れたいですね 楽しみです。